第六部 アフィリエイトでの記事の書き方 


これまでの記事

0部:アフィリエイトの仕組みについて
1部:アフィリエイトに必要なスキルとは?
2部:ネットビジネスでの目標の立て方
3部:アクセスアップについて その1
4部:アクセスアップについて その2
5部:アフィリエイトでもっとも重要なターゲットとは?




マイケルです!



今までアフィリエイトでの基本的な部分を
実践形式でお話してきました。



今回はいよいよ記事の書き方です。



ただ記事の書き方と一言で言っても
非常に範囲が広いです。



書こうとしている記事がどんな記事なのか、
どんな目的があるかによって
その書き方は大きく異なります。


商品を売り込もうとしているのか、

誰かに楽しんでもらいたいのか、

何かを批判したいのか、

あるいは知識を提供したいのか、



この全部を同じ方法で書くことはできないわけです。


また、記事はアフィリエイトでも一番個性が出る部分なので
今回はまるごと一つの記事を仕上げるということはしません。


ですが、コツをちょっとだけお話しようと思います^^



アフィリエイトでの記事の書き方



S20170330095314_TP_V.jpg




記事を書く前の大前提として
ブランディングというものが大事になってきます。


ブランディングというのは簡単に言えば
誰がどんなコンテンツを扱っているかが分かるというものです。



僕であれば情報商材ですし、
無料オファーをひたすら流しているような
ブログも存在します。


僕のブログでいきなりAKB総選挙がどうだったとか
話したらかなり困惑しますよね?



なので、ブログ全体としてテーマやメッセージが
一貫しているかというところは記事を書く以前に
意識して欲しいところです。



ブランディングについてはその内別個で記事をあげますね^^



記事を書く流れとしてはこのような感じです。

・誰が読むのか決める(ターゲット)
・何を書くのかを決める(テーマ)
・どうやって書くのかを決める(手法)
・内容を打ち出す(プロット)
・プロットに沿って書き出す


このようになっています。


それではさっそく、進めていきましょう^^

誰が読むのか決める



第五部のアフィリエイトでもっとも重要なターゲットとは? でお話しましたが、
ネットビジネスにおいてターゲットは非常に大事です。


ネットビジネスに限った話ではなく、
「誰にでもウケる」ものは大抵、
「誰にもウケない」ものだったりします。



ターゲットとなる人に特化していない商品や
コンテンツはこうなってしまいがちです。


なので最初に


「誰がこの記事(動画)を読むのか?」


ということを考えて下さい。



慣れない間は「自分が書きたいものは何か?」で
考えがちですが、これは独りよがりなコンテンツになりやすいので
辞めたほうが良いですね^^;




何を書くかを決める




ターゲットにする人を決めたら次は
何について書くのかを決めましょう。


このあたりで大体タイトルも決まってきますね^^



ゲーム系ブログであれば、有名ゲームのバグなども
取り上げることができます。


最近では某有名RPGの最新作が
バクだらけでかなり話題になりましたw


これも自分がやっている、あるいはやろうとしている
ブログないしはYoutubeチャンネルにあった内容を選んで下さい。



どうやって書くかを決める



これはかなり大事なところです。


この部分だけで、同じターゲットでも反応や
ファンの付き方にけっこう違いが出てしまいます。



ブログ全体のキャラクターや雰囲気にも大きな影響がありますね。


具体的にどんな書き方があるのかというと


・である調(新聞記事のように淡々と情報を伝えていく)
・話し言葉調(話し言葉で伝えていく)
・ですます調(である調と話し言葉の中間)
・ストーリー調(物語形式で伝えていく)


他にもありますが、大まかにはこんな感じです。



ちなみにこのブログは基本的にですます調と話し言葉調の両方で書いています。


当たり障りがなく、多くの人に読まれる反面、
強烈な印象には残りづらいのが弱点です。



具体的にどんな感じになるのかちょっとやってみましょう。


伝えたい情報は


・映画「君の名は。」が大ヒットしたこと
・監督が新海誠という人物であること
・公開が夏頃で地域によっては一年近いロングランだったこと



コレで作っていきましょう。


である調の場合、


新海誠監督の最新作、「君の名は。」が大ヒットした。
昨年夏に公開されたにも関わらず、今年の夏に食い込まんばかりの
ロングランであった。



このようになります。



話し言葉調の場合、


新海誠さんが監督した「君の名は。」がヤバイほど大ヒットしちゃいました~!
去年の夏封切りだったけど、近場の映画館じゃびっくりするかもだけど、
春くらいまでやってた^^;


どんだけロングランなんだって感じだよねー★




こんな風になりますね。


まぁ話し言葉は個性が出ますので、
この通りにはなるとは限りませんけど^^;




ですます調になるともっと大人しくなってきます。


知っている人も多いと思いますが、新海誠監督の
「君の名は。」が異例の大ヒットを記録しましたね。


近所の映画館では春先くらいまでやってて、
「あれ、公開って確か去年の夏だったよな・・・」
なんて思ってしまいました。


すごいロングランですね。


フラットですけど割りと親しみやすい感じですよね。


最後にストーリー調の場合です。


蝉の鳴き声も終わりに近づいた頃、話題作映画が封切りされた。

「君の名は。」

新海誠監督ということで期待は高まり、話題が話題を呼び、
紅葉を迎え、雪が降りしきる中ですら映画館に足を運ぶ人々が絶えない。

桜が散って行くその時でさえ、スクリーンに写り続けた。
ようやくフィルムが止まったその時にはもう
蝉の鳴き声が聞こえ始めようとしていたときだった。




これはちょっとやり過ぎですけど、
必要な情報を確かに伝えていますね。



非常にテクニックが要求される反面、
ストーリー調は相手にイメージさせやすいため、
セールスレターなどの一部に使われる傾向があります。



全部ストーリー調で書くとくどいですけど、
エッセンスとして加えるならけっこう効果的です^^




内容を打ち出す




これはプロットと呼ばれる作業で、
言い換えれば下書きです。


あらかじめどのような文章の流れで作っていくのかを
決めておくとスムーズに作り始めることが出来るようになります。


慣れてくるとプロットを書かないでも
それなりの記事は書けるのですが、


始めの内はキチンと作っておいたほうが良いですね。
このプロットの作業は動画でも同じことがいえます。


どのような動画を組み立てていくかが
出来上がっていれば、作業そのものは
そんなに時間がかかるものではありませんからね^^



前の段階で何を書くかが決まっているので、順番としては
見出しを最初に作ることをオススメしています。


見出しができた後は、その見出しに入れる内容を
2,3個書いていきます。


コレだけです^^



後はここで作られたプロットから外れないような
内容の記事を書いていけばいいだけですね^^



記事内容がメチャメチャになる原因は
たくさん書いている内に主張がズレてきたり、
内容が把握できなくなったりするからです。




文章がたくさん並んでいるとチェックするのにも
時間がかかりますから、


最初に骨組みを作ってそこに肉付けをしていく方法が
初心者はオススメですよ^^



アフィリエイトでの記事の書き方 まとめ





アフィリエイトは個性が非常に大事なので、
今回はあえて例をあまり出さずに説明しました。


一部違うものもありますが、この考え方は
Youtubeを含める全てのコンテンツビジネスで
有用ですので、ぜひ応用してみて下さい^^




一応アフィリエイト講座はこちらで終了になります。


ですが、希望される講座があればお問い合わせか
メールを頂ければ検討しますので、お気軽にご連絡下さい^^


更に詳しい書き方やテクニックなどを知りたい方は
個別にお問い合わせいただければと思います^^



これまでの記事

0部:アフィリエイトの仕組みについて
1部:アフィリエイトに必要なスキルとは?
2部:ネットビジネスでの目標の立て方
3部:アクセスアップについて その1
4部:アクセスアップについて その2
5部:アフィリエイトでもっとも重要なターゲットとは?




以下の記事も参考にしてみて下さい。


ネットビジネス初心者が最初に10万円稼ぐ具体的な方法


ネットビジネスは詐欺で10万円も稼げないのか?



マイケルでした!



P.S
高額塾の1/10の値段でも優良な教材はたくさんあります。
中には高額塾を超えるようなノウハウもありますよ^^

↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)