マイケルです!


MLMと言えば美容健康系が代表的ですが、
実際は様々な商材を扱ったMLMがあります。


今回記事にするリゾネットは旅行系のMLMです。


会員は割引価格で普通より安く旅行できるという
旅行好きには魅力的な商材をウリにしています。


そんなリゾネットですが、2017年1月17日に
業務停止命令を受けています。



またそれにともなってリゾネットでは名前の知れた
成功者である河端一泱氏が逮捕されたといううわさもあります。


このうわさの真偽は後ほどお話していくとして、
この話を受けて「ねずみ講詐欺師が逮捕された」みたいな
ことが囁かれましたが、実際はMLMはちゃんとしたビジネスです。


MLM=マルチ=ネットワークビジネスは全部ねずみ講みたいに
言う人がいますが至って合法です。


今回のこともリゾネットのサービスに
問題があったわけでは決してありません。



どうしても「詐欺にあった」とか「被害を受けた」という
記事が伸びる傾向にありますが、客観的にお話している
記事というのがほとんどなかったので少し書いていきたいと思います。



僕自身はアフィリエイトで稼いでいますが、
父がMLM系会社の元重役で、
兄は現在進行形でMLMをやっています。


なので、MLMに関しては超トップしか知り得ないような
裏話も知っていますし、過去、現在含めてMLMの事情には
ある程度精通していると自負しています。


その辺りの話についてはこちらを御覧ください。


MLM系会社の元重役の息子が語るMLMの裏側



僕自身はMLMが詐欺だとは思っていませんし、
MLM=ねずみ講という考えはかなり短絡的だと思っています。



MLM系の製品で気に入ったものもありますし、
愛用している製品もあります。


製品やサービスを気に入っているなら
友達に紹介しながらゆるく稼いでいくというスタイルでなら
MLMも良いんじゃないかと思いますね。


ただ、お金稼ぎとか不労所得、権利収入みたいな
成果を期待しているのであれば余りオススメはできません。


単にお金を稼ぎたいのであればアフィリエイトに
取り組んだほうが良いのではないかと僕は感じるんです。


そう感じる理由は今回の業務停止命令にも
関係していますが、MLMではどれだけ頑張っても
その成功が一瞬で崩れ去るリスクがあるからです。



その辺りも含めてリゾネットの
業務停止命令を受けて今後どうなるかも
レビューしていきましょう。



リゾネット 強引な勧誘による業務停止命令か?



リゾネットLP


会社概要

事業者名 株式会社リゾネット
代表者名 代表取締役 山本 敏明
所在地 東京都中央区八丁堀二丁目24番2号
設立 平成18年4月13日
資本金 5,000万円
業務内容 リゾート・旅行・スポーツクラブ複合会員権の連鎖販売取引
売上高 約19億9,000万円(平成27年1月~平成27年12月)
会員数 都内3,823人(全国12,163人)(平成28年9月末現在)


リゾネットの業務停止命令の内容は
MLMのビジネス活動3ヶ月間の禁止です。



勧誘、契約、申込みなどができなくなるだけで、
会員は変わらずサービスを利用することができます。


業務停止命令を受けた理由は以下の通り。

勧誘目的等の不明示


「久しぶりに会わない?」みたいな感じでMLMの勧誘だという
事実を隠して勧誘行為を行うこと。

不実告知


「絶対に儲かるから!」とか「この製品でガンが治ります!」
みたいな根拠と事実のないアピールを行うこと

迷惑勧誘


複数人で詰め寄ったり相手にプレッシャーを与えたりして
勧誘を迫ること


そんなこんなでリゾネットでも最大のグループのリーダーである
河端一泱氏が逮捕されたといううわさも出てきたようです。


実際そのようなニュースはありませんし、
失踪したといううわさもささやかれていますが、

現実リゾネットの現状最大のグループは
変わらず河端氏のグループのようです。



つまりは事実無根ではあるのですが、こうしたうわさは
どうしても会社の信用に傷をつけてしまいます。



業務停止はニュースになりますし、
強引な勧誘があったとかで「ねずみ講だ!」みたいな
口コミや評判が広がってしまうことがあるからです。


それは業務停止期間が終わってからも同様で
今後の営業やビジネス活動も元通りになるためには
時間がかかることが容易に想像できます。



新規勧誘は難しくなるでしょうし、既存の参加者も
末端を中心に抜けていくことになると思います。


しかし、それはMLMというビジネスモデル
そのものにある弱点でもあるんです。



幸い父の会社では業務停止のような不祥事は
ありませんでしたが、それでも何もなかったわけではないのです。


商品の成分が国内で認可されていないとか、
強引な方法の勧誘が行われたとかで新聞記者と
会わなければならなかったこともあります。


新聞を作る側としては記事のネタになるものが
欲しいところですから、かなり色々突っ込まれたそうです。


結局、業務停止や明確な不祥事にはならなかったそうですが、
それでも悪い方向に婉曲された表現で記事になったそうです。



でも正直これってキチンとMLMのルールを守って
取り組んでいる参加者からしたらいい迷惑ですよね?


自分の全然関係のないところでいつの間にか
自分の収入の基盤となる会社の信用を崩されているからです。



数千人のグループを作って月収100万を
達成したとしても、ある日突然安定が
脅かされる可能性があるのです。


ただ、MLMというビジネスモデルは
様々な人を集める以上どうしてもそのような
リスクを抱え込まざるをえません。


死ぬ気でダウンをかき集めて維持したとしても
不祥事が起こった途端に収入が半減するかもしれないんです。


製品を愛用しながらビジネスに取り組んでいる人であれば
あまり関係ないかもしれませんが、お金目的で取り組んでいる人は
死活問題になってきます。



そうした中でダウンを留めるためにはカリスマ性とか
人間力みたいなものも必要になってきて、「簡単に不労所得」
というイメージでいるとかなりきつい目にあう可能性が高いです。


参加するのであればその辺をよくわきまえた上で
参加した方がいいですね。


リゾネット 強引な勧誘による業務停止命令か? 逮捕者が出たといううわさの真実 今後の業務と勧誘方法はどうなっていくのか?




僕は別にMLM自体を否定するわけではありませんし、
旅行好きであればリゾネットを選択するのも
良いんじゃないでしょうか。


安く旅行に行ってお金も入ってくるというのは
なかなか魅力的だとは思います。


ただ、証拠は無くても逮捕というキーワードが出てきたり、
業務停止命令を受けた現実はイメージダウンには確実につながるでしょうね。


最近取り組み始めた人であれば
騙された!と感じるかもしれません。


取り分けMLMでのお金の関わる人間関係は
慎重に進めることが必要不可欠です。


今後は業務停止命令を受けないような勧誘方法の指導の
徹底などを行うことが全てのMLMの課題な気がします。



実際よほどのトップにいないと他のグループやダウンで
起こっている問題などには気づくほうがムリです。


その結果何かが起こっても当人だけではなく
自分たちにもダメージが及びます。


その辺のままならなさは会社勤めと
そんなに変わらないですね。



なので、脱サラやお金稼ぎ目的の人には
あまりオススメできないんですね。


そうした人にはアフィリエイトを含めた
ネットビジネスをオススメします。


個人的には同じだけ努力するのでは
ネットビジネスのほうがその成果を
スピード面でも報酬面でもより感じやすいです。



なので、お金目的ならネットビジネスに
取り組んだほうが良いのではと思うんですね。


もし興味がある場合はこちらも参考にしてみて下さい^^

MLMで月収100万を達成した元コンビニ店長の成功者が自主退会した理由とは?



ということで参考になれば幸いです。


マイケルでした!


P.S
ネットビジネスを始めるのに20万近い入会金は要りません。

始めるだけなら無料ですし、スタートダッシュに教材を買ったとしても
安いものでしたら1/10以下の値段で始めることができます。


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)