今までの記事

We Areプロジェクト 50万円支給に隠された真実

11/9最新情報 



マイケルです!


今まで2回に渡ってレビューしてきた


We Areプロジェクト


ですが、最新情報が入りましたのでレビューさせて頂きます。



今までのお話として、仮想通貨を使ったビジネスだということが
明らかになっていました。


これが本来の投資であれば50万円支給はおかしな話だという
ことで決着が着いたんですが、今回の情報を得て少し変わってきました。



その辺りのお話をしていこうと思います。


11/14最新情報 We Areプロジェクト 概要 検証 レビュー



WAPLP.png


公開された動画

3話


4話


5話


募集動画


【特定商取引法に基づく表記】
販売会社 ルケルス合同会社
販売責任者 山下大輔
メールアドレス info@weare-project.com
所在地 大阪府大阪市北区池田町10番地11号
商品の引き渡し期間 お申し込み完了後、いただいたメールアドレスにご連絡いたします。
表現及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
(引用:http://weare-project.info/main/?tid=2344866及び、登録先のLPから)


ビジネスモデルはICO、イニシャルコインオファリングを
用いた仮想通貨投資です。



聞きなれない言葉だと思います。


ICOは実際に公開される前の仮想通貨に投資できる
システムで、市場に出回る前の仮想通貨を買うことができます。


ICO、つまり通貨のプレセールが行われる時期自体は
このようなサイトで調べることができます。
※外部サイトに飛びます。

https://www.coinjinja.com/


といっても未公開の仮想通貨に関しては
上がる上がる詐欺も多く、実際に稼げる仮想通貨は
僅かな数だと言われますね。


動画内で8000以上の仮想通貨があると言われていますが、
国家間で使われている通貨の数を考えれば
その中のほんの一握りしか生き残れないことは明白ではないでしょうか?



なので、稼げる仮想通貨はほんの一握りということです。


しかし、事前に上がる仮想通貨がわかっていればどうでしょうか?


動画内で言われましたが、山下氏は
イーサリアムの関係者と深い知り合いだそうです。



さらに仮想通貨の多くはイーサリアム型と言われており、
イーサリアムのプラットフォームを利用しています。


つまり、ICOの情報がイーサリアム関係者に
筒抜けになっていることになります。



そうなると、山下氏の所にイーサリアム関係者から情報が届き、
事前に上がると分かっている仮想通貨のICO情報を受け取れるということです。


これが本当であればまさしく出来レースで、
上がると分かりきっているものに対して投資するわけですから
稼ぎ放題ということですね。



ここまで色々言ってきましたが、
動画内で言われていた主な情報は以上のとおりです。


他にも超高金利ウォレット(仮想通貨口座みたいなもの)など
いろいろな特典についてお話されていました。


その上で今回の案件のリスクについて
考えてみたいと思います。


全部で3つあります。


まず、一つ目ですが今回の案件では山下氏がイーサリアムの、
それも重要情報を受け取れるトップクラスの人間と
関係があるということがキモになっています。



これが崩れると全てが崩れ去ります。


これに関してですが、いちばん重要なところにもかかわらず
山下氏の証言以外に証拠が何もありません。
(もし外国人とのスカイプ映像とかあれば大分説得力ありましたけどね)


そして特商法に登録されている住所の場所がコレです。

該当住所


まずこの案件の収入の中心が怪しいです。


次に二つ目です。


これはインサイダー取引に関してなんですが、
確かに仮想通貨は現状インサイダー取引が違法ではありません。


それは政府の見解として

・ビットコインは『通貨・法貨』に該当しない
・ビットコインは『有価証券』に該当しない


と設定しているからです。


しかし、仮想通貨が普及してくれば来るほど
通貨に該当する可能性が高くなってきますし、


そもそもインサイダー取引が禁止されている目的が
「投資者保護」、「金融商品市場への信頼確保」です。


つまり、これらが守られなくなってくるような事態に
なってくるとインサイダー取引の違法化が適用される
可能性も高くなってくると考えられます。


「半永久的に」インサイダー取引が続けられるとは
思わないほうが良いと思いますね。



そして最後に三つ目。


上がる仮想通貨のICO、つまりプレセールの時期が事前にわかり、
月に2回ほど山下氏から発信されると言われていましたが、


そうなると年間で最低24種類の「絶対に上がる仮想通貨」が
出てくることになります。


東京オリンピックのときには100種類近い上がっている
仮想通貨が現れている事になりますね。


でもそれだけ大量の通貨があったとしても
使うでしょうか?使い分けるでしょうか?


多分そのほとんどが消えていくんじゃないかと思います。


実際にそれだけの「絶対上がる仮想通貨」が現れる可能性は
かなり低いと思います。


11/14最新情報 We Areプロジェクト まとめ




総合的に見て★2です。


あんまりオススメできません。


ビジネスとして仮想通貨のプレセールに目をつけたのは面白いと思いますが、
インサイダー取引がいつまで続くか分からないのは大きなリスクです。


また、価格の方ですが

一括払い


参加費が10万円くらいとなっています。


インサイダー情報を受け取れるんだったら安いもんですが、
最近の高額塾の手法として

入り口10万くらい→

→後で「さらにシークレット情報を受け取れる特別プラン!」で
30~50万くらいかかってくるパターンがよくあります。


こうしたパターンには注意が必要だと思いますね。


以下の記事も参考にしてみて下さい。

1000万円を高額塾に突っ込んだ“特一級”ノウハウコレクターが語る高額塾の裏側


ネットビジネスで10万円稼ぐには?


マイケルでした!



P.S

マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)