FC2ブログ

ネットビジネス雑記のカテゴリ記事一覧

夢追人の映画監督。ネットビジネスで自由になった秘密を教えています。

カテゴリ:ネットビジネス雑記

起業、ビジネスに関する一般常識のほとんどは間違いである理由。ビジネス未経験者の「やめとけ」は聞かなくていい


マイケルです!


今日Yahoo!知恵袋で記事ネタを探していたら
興味深い質問を見つけました。


その質問はこちら

東大生です。起業したいと思いますが、どのようなビジネスをやればいいかが分かりません。
もちろん自分が考えるのですが、東大生でも社会を経験したことがない限り、ただの学生です。

自分は高度なIT知識を持っています。(OS、サーバ、ネットワーク、セキュリティ、プログラミング(C,C++,C#,Java,JavaScript,PHP, HTML/CSS))、
また、Androidアプリ開発、企業ウェブサイトサイト作成の経験があります。

これくらいで、何のビジネスができますか
コンサルタントは絶対に避けたいです。
よろしくお願いします。



引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13193848618?__ysp=5p2x5aSn55SfIOi1t%2BalrQ%3D%3D


質問者は東大生で、持ってる能力も非常に高い。
でも起業を迷ってる、そんな人です。


これに対しての回答が、

「取り敢えず起業の本読んどけ」
「アイディア無いのに起業すんな!」
「Yahoo!知恵袋に質問してきてる時点でお前には無理」
「技術者と経営者は別物だからやめとけ」


ざっくりこんな内容でした。


まぁこの質問に対しする僕の回答は

「それだけ出来れば何でもできる」

ですね。


まぁそれはそれとして・・・・

ビジネス、起業に関する一般常識の間違い


blueprints-1837238_640.jpg


実際、僕がビジネスをしているときも
周りの”社会人経験を積んだ大人”がいろいろアドバイスしてきました。

「まず社会に出て社会勉強してから経営について学んで起業したら?」

「社会人にもなってないのに起業とかナメてんのか!」

「ビジネスはいいアイディアがないと出来ないから社会に出て~」

「毎年大勢起業してるけど生き残るのはほんの一握りだよ」


多分あなたもこの中の一つくらいは聞いたことがあるはずです。


ですが敢えて言います。


こんなアドバイスは一ミリも役にも立たないです。

時代錯誤すぎて失笑ものです。


インターネットが普及した現代で、
今回の質問者のようなスキルは非常に価値があります。
完全に「食べていくための力」として成立します。

高度なIT技術

これだけあればビジネスの選択肢は
無数に作れます。

言うまでもなく実力があるからです。


むしろ

「会社の看板を使って様々な仕事を経験しました。
ビジネスマナーも完璧で、業界知識も万全です。
でも一人ではまだ何もやったことありません」



みたいな人はビジネスの世界では価値がありません。
そんな人は掃いて捨てるほどいるからです。


結局の所ビジネスの世界で求められる価値は

「肩書を全部剥がれた時、あなたにはなにが残るか?」

これに尽きます。


どんな大企業に努めていた人でも、
独立してビジネスを始めると
今まで使っていた人、モノ、金、権威なんてものは一切なくなります。

みんな裸一貫、ゼロからのスタートです。


起業するなら社会人経験がないとダメと言う意見について



「起業するならまず社会に出てからにしろ」

これもよく聞きますよね。

確かに社会にでることによって学ぶことはあります。

でも同様に「起業せずに会社勤め」することも
起業で学べる機会を失っていると言えるんです。


0からビジネスを作り出して収益を得ようとすると
物凄いスピードの学びと濃い情報を得られます。


コンセプトを練って、キャッシュポイントを作成し、
集客をして販売をして、外注して、

それが月収数万円規模の小さなビジネスであっても

会社に言われたことだけやってる人に比べると
比べるのが馬鹿らしいレベルで成長していくからです。

社会人になっても起業のほんの一部しか見れない



サラリーマンをやっていてもビジネスの一部しか目にしません。


僕は営業でしたが、商品開発についてはノータッチでしたし、
経営陣がどんな風に会社を動かしてるのか、税金対策etc...

実際にビジネスを始めるまでは知る機会もありませんでした。


しかも「リスクを取って新ビジネスに投資する」という
起業家必須スキルもまったく磨かれないままでした。

飲み会での上司の席の位置とか、
お酒の注ぎ方やごまの擦り方、
敬語の細かな用法

そんな“社会経験”を積んで自信満々の起業したところで
それこそ失敗します。


起業から得られる経験も情報も、
起業からしか得ることは不可能です。


ネットにせよリアルにせよ、企業を考えるなら
サラリーマンしかやったことがない人がよく言う


「まずは社会に出て社会経験を積みなさい」

なんてセリフは信じちゃダメですよ。


まぁ例外があるとすれば映像とかカメラマンとか料理人とか、
とにかく個人の技量が要求されるものでしょうか。

この辺は技術を盗む意味でも独立前に就職するのがいいかもです。

アイディアが無いと起業で成功できないという危険過ぎる誤解



「アイディアが無いなら起業すんな」

今回取り上げた質問にもありましたね。
これは実に危険な考え方です。


僕の私見ですが

「アイディアに頼って起業してるから数年でビジネスが潰れる」

これが真実だと思うんですよ。

アイディアではなく、原理原則を押さえた起業家は安定している



アイディアに頼って起業して当てたとしても、

顧客の開拓方法や売り込み方、
そして新しいビジネスの作り方、


この辺が分かっていなければ当然行き詰まります。


一方、ビジネスの原則を押さえて、
当たるビジネスの作り方が分かっている人なら
一つのビジネスがダメになったとしても何回もヒットビジネスを作れる。


例えば、インターネットビジネス業界の有名人「与沢翼さん」も
一度破産した後、すぐに持ち直してますし
現在でもドバイに住む億万長者です。


むしろ、ビジネスの原理原則を押さえた人ほど、
「数年で破産」みたいなのとは無縁で
解雇制度のあるサラリーマンよりも遥かに安定して見えます。



アイディアが無いと起業できないという考え方は
起業を考えるに当たって極めて危険なので辞めて下さい。

ポッと出のアイディアで起業すると
数年でビジネスを潰すことになりかねません。

幸福に関係のない勉強も成長もしなくていい



ここまで起業とビジネスをかなり養護してきましたが、
別に僕はサラリーマンでいることを全否定するわけではないです。
(ブラック企業は消滅して欲しいと思いますが)


もし今の仕事が大好きで、給料に特に不満もなく、
生活に満足しているならビジネスを始めなくてもいいと思います。

もし上司から気に入られるのが幸せで、
職場の仲間が大好きで、
会社帰りの居酒屋の愚痴を
心から楽しいと思っているなら、

それがあなたの幸せであるならビジネスをやる理由がないからです。

世の中にはそういう人がいることも知っています。


でも、もし今の生活や状況に不満があるなら
ビジネスを通して自分の幸福を得る道を探すのもいいと思います。


僕がインターネットでビジネスを始めたのは
そこに僕が望む幸せがあったから。


僕にとっての幸福は自由であること、
自由に夢を追いかけられることであって

営業マンとしてストレスを抱えながら
上司に怒鳴られることでは決して無かった。


だから再就職や転職という選択肢を排除し
ビジネスに取り組んだんです。


1年程度しか社会人をやっていなかったので、
僕のビジネスマナーは穴だらけでしょうし、
会社組織の常識とかもだいぶ忘れました。


もちろん社会人からしたら非常識なんでしょうけど
そういう物を重要視する人と付き合う気もないので
何の不都合もなく生きていけます。


自分にとって不要なものをとにかく詰め込まされるような状況は
本当に人生を浪費していると感じます。


無価値とは思いませんが、
もっと幸せになる選択肢があるはず。



東大生が起業相談という珍しいシチュエーションだったので、
僕の起業観と幸福観合わせて記事にしました。


多分この記事に対して

「1年で会社辞めた根性なし小僧の戯言」

とか

「社会人マナーも知らない社会不適合者ww」

とか

いろいろ反論はあると思うんですが聞くつもりはありません。


そういう人たちと議論を交わすことは
僕の幸福にとって関係ないことなので。


というわけで参考になれば幸いです。


以下の記事も参考にしてみて下さい

「初心者は何からやればいいですか?」への回答

副業で稼げない理由は「行動力」ではなかった


マイケルでした。

P.S


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るための稼ぎ方、
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

僕がネットビジネスの知識で企業コンサルをしてきた時の体験談。ネットビジネスの知識はやっぱり他業種では価値千金だった・・・


マイケルです!


先週の事ですが友人のツテで企業の
コンサルに行ってきました。


基本僕はネットビジネスで、
いわゆる世の裏側で稼いでいる人間ですが、

リアル繋がりで依頼を受けて
こうしたコンサルに行くことが
まぁ、無いわけではありません。


そんなに多くないですけどね。


あまりやる理由もないので(笑)


それはそれとして、今回お話したのは建築関連会社の社長さん。


主にFAXで送る広告のコピーライティングの相談だったんですが、
改めてネットビジネスの知識がリアルビジネスにも
完全に応用できることに改めて気付かされました。



僕としても面白い経験だったので
記事にして書いていきますね。


新橋の第一ホテル東京でのコンサル経験。ネットビジネスの知識、当たり前レベルでも企業の社長に通用した!?




今回行ってきたのは新橋の第一ホテル東京。

IMG_0100.jpg


入り口を通ると真正面にカフェテリアがあります。
(人の顔は黒で潰してあります)

IMG_0099提出
IMG_0098提出用


人がモロに映っているので写真には取りませんでしたが、
取引に来た営業さんで入口近くのベンチはいっぱいでした。


しばらく待った後、社長さんが到着、挨拶をしてさっそく話し合い。


僕がまだ20代でかなり若いことに驚いていましたが、
そこは舐められないようにキチッと対応しました(笑)
ブラックとはいえ、昔は営業マンだったので(笑)


広告を作るにあたって絶対に必要な業界のヒアリングを
40分くらいさせて頂いて、そこから僕の話が始まります。

広告反応率1%の業界にビックリ!ネットビジネス業界との差を感じました。



最初に現在打ち出している広告を見せてもらいました。


しっかり整理されていて、それなりに良いものではあったんですが、

「コピーライティングスキルの不足」

がちょくちょく見られた。


加えてターゲットが広すぎました。


建築業界全体に同じ広告を流していたからです。


マイケル「今の広告からの反応率はどのくらいですか?」

社長さん「大体1%くらいですね」


正直、ネットビジネス業界では成約率1%でもまだ低いレベルなので、
反応率1%は低すぎました。



でも、それに対して大きな焦りも感じておられない様子だったので、
業界の標準の違いを感じてショックでしたね。
(ちなみに僕のメルマガは多い時は17%以上の反応率があります)


反応率1%なら、成約率にしたら一体、何%になってしまうんだろうと。


さらに突っ込んで話をしていくと、どうも自社の強みの打ち出し方、
お客さんの反応、広告から成約に至るプロセスなど、
広告ビジネス面での知識が、不足していた印象を受けます。


誰にでも好かれる万人向けの広告を作ろうとしたつもりが、
誰にも好かれない広告を作ってしまったパターンでした。



そこで、僕がネットビジネスの基本中の基本、
「顧客のリサーチ」について話し始めたら
場の空気が変わったんです。


ネットビジネスの“当たり前”でも満足して頂けました



ネットビジネスでの顧客のリサーチには以下のような原則があります。

・自分が売り込んでいこうとしている顧客はどんな人達なのか
・その顧客はどんな悩みや不安を抱えているのか


↓↓(それが分かった上で)

・自分が売り込んでいこうとしている商品でその顧客の何を満たせるのか
・自分が売り込んでいこうとしている商品でその顧客がどうなるのか



広告を作ろうとすると以下のような要素も必要になります。

・その顧客から商品への興味や関心を引くにはどんな言葉が有効なのか
・その顧客から信用や共感を得るにはどんな言葉が有効なのか


正直、この辺はネットビジネスをやる人間にとっては当たり前ですが、
僕がこの辺の事を話し始めたら社長さんはかなり熱心に聞いてくれました。


1時間くらいリサーチについてお話した後、
広告を打ち出すためのリサーチが足りないという結論になり、
また後日、再度話し合いということでお開きに。


社長さんにとってかなり新しいことが多かったようで
知恵熱が出そうと頭を抱えてらっしゃいました。


肝心の内容は、大変参考になったとの評価を頂けましたね^^


別れ際に、

「いつもは部下にあれこれ言う立場だけど、あれこれ言われて考えさせられたのは久しぶりだった」

とも言われましが(笑)


業界によって価値はぜんぜん違うし、満足度もぜんぜん違う



今回のコンサルで僕がお話したことって
ネットビジネスの業界なら
情報教材の特典につける程度のことでした。


これをネットビジネス業界に
数万のお値段で売り出したら叩かれそうです(笑)


それでも、それに何万、何十万という価値を
付けてくれる人が違う業界にいる。


これは詐欺というわけではなく、
業界の違いによって起こること。


僕自身今回のことを通して、改めて知識の価値というものを再認識しましたし、

「自分の業界知識を他の業界の人に売っていく稼ぎ方も人によってはアリだな」

と感じましたね。


自分たちにとっては当たり前の知識でも、
他の人にとっては価値千金の場合もある。


こうして違う業種の人と関わると本当に新鮮ですし、
「当たり前」がリフレッシュされます^^


6月頃にまたコンサルがある予定なので、
その時にこの辺に関してはまた記事にしようかと思います。


というわけで、参考になれば幸いです。


マイケルでした!


P.S

他業界の人に知識を売り込んで稼ぐノウハウには
コンテンツビジネスがあります。

かなり衝撃的だったようで僕のサイトでも
相当数が売れていきました。

サポートやコンサルをしている中で沢山の質問を頂きました。
それをフィードバックする形で新たに特典を追加する予定です^^

↓↓

ブラインドスポットコンテンツビジネスのレビューはこちら



その他、マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

副業ネットビジネスから脱サラよりもサラリーマンを選ぶ理由 僕が稼げなかった時期に受け続けた誘惑とは?


マイケルです!


一昨日は関東近辺がもの凄い寒波に襲われましたね。
僕の住んでいるところでもかなり雪が降りました。


僕は大雪になるかもって段階で即スタッドレスタイヤに
交換したので大丈夫でした。


次の日にはほとんど溶けていたので
少し損した気分にはなりましたが(笑)



さて、最近僕の知り合いのアフィリエイターの方が
サポートしている人の話を聞きました。


彼はネットビジネスに取り組んでいましたが
最近ネットビジネスを辞めてサラリーマンに
戻る決断をしたそうです。



理由を聞いたところ、「サラリーマンの方が楽」との
ことだったそうです。


僕はその話を聞いて

「もう少し頑張れば軌道に乗ったのにな」

と思うと同時に、

「そう言えばそんな気持ちになったことがあったな」

とも思い出したんですね。


僕もネットビジネスを実践していた時、
サラリーマンに戻りたいと思ったことがあります。



結果的には戻りませんでしたし、そのおかげで
今こうして自分のやりたいことがやれているわけですが、
それまで紆余曲折がありました。


マイケルが「サラリーマンに戻りたい・・・」と思った理由



pp_kaeri_TP_V.jpg


僕には小遣いレベルしかネットビジネスで
稼げなかった時期が2年間位ありました。


その間お小遣いレベルの収入のせどりとアルバイトを
して生活していたわけですが、サラリーマンに戻りたいと
思った事は一度や二度ではありません。



大学同期はほとんどが就職していましたし、
結婚をして子供がいる人もいました。



大学院に進学した同期は世界に誇れるような研究をしたり
自分のアイディアで起業したりと世間的に見ても
成功している人もチラホラいましたね。


一方自分は少額のビジネスとアルバイト生活です。
同窓会にはその時期一度もいったことがありません(笑)


仕事面でも世間体でも底辺層でしたし、そんな状態の自分を
見られるのが恥ずかしくて仕方なかったですね。



むなしさと恥ずかしさでこんな気分になるくらいなら
ビジネスなんて放り出してサラリーマンに戻りたいと思いました。


サラリーマン時代はサービス残業させられそうになりましたし、
なにより人間関係が本当に嫌でした。


しかし、どんなにブラックな場所でも最低限社会的な証明にはなりますし、
働いてさえいれば結婚もできて世間体を保つ道もあります。


僕の中で「現実」と「夢」が揺れていた時期でしたね。


「ほとんどの人は夢破れて落ち着く所に落ち着いてるじゃないか」

「夢を叶えた人も成功できた人も才能があったんだ。自分は凡人だったんだ」


こう思っていた時に自分に負けてサラリーマンに戻るという選択を
してしまっていたら、今ごろ僕はこの記事を書いている
今この瞬間も会社で残業していると思います。



でも、結局ネットビジネスをやり続けました。


それは一人の大学の同期と再会した時のことです。


彼は最近転職したばかりでしたが、もう今の会社から
転職したいと言っていたんですね。


なんでか理由を聞くと「この会社は前の会社よりも待遇が酷い」
という単純な理由でした。



この言葉を聞いた時、僕はハッとさせられました。


それまではサラリーマンに戻りたいと思っていましたが、
結局戻っても同じことを繰り返すだけだと分かったんです。


より良い環境を求めて転職してももっと悪い状況になるかもしれない、
よりよい場所を求めて転職を繰り返せば、
そもそも転職できる可能性がどんどん低くなっていきます。


結局会社の中のことは入ってみるまで分かりませんし、
ある意味、自分の人生を賭けたギャンブルのようなものです。


結局、自分が本当に望む生活や夢というのが就職や転職を
繰り返す中には無いんだと悟ったんですね。



その瞬間に僕の中からサラリーマンに戻るという
選択肢が消え去りました。


お給料=我慢料のサラリーマン生活にしがみついて、
自分に何の益ももたらしてくれない世間体や
社会的成功なんて勲章を得るよりも自由が欲しいと強く思ったんです。



その時はまだビジネスに対する意識が低かったので、
十分な行動ができずにサイドビジネスとして続けていましたが
最後は僕の意識を180度変えてくれる人に出会えました。


たまたまセミナー会場で一緒になっただけ、
話した時間は30分もありません。


しかし、その結果稼ぎ出すことができて僕の今があります。


もし僕がサラリーマンに戻るという選択をしていたら、
今の収入も、出会いも、人生も、夢も、何もかもが無かったんです。



本当に当時の僕を褒めてやりたいですね(笑)


理想はサラリーマン生活の中にはない



夢や理想はサラリーマン生活の中にはありません。
サラリーマン生活にあるのはいつだって現実だけです。



でも、現実だけ見ていると疲れますし
なにより僕は楽しくありませんでした。


もっとも家族のために自分を犠牲にしたりする人もいます。
僕自身それは尊いことだと思いますし否定はしません。


でも全員が夢を見て幸せになることができるなら
それが一番いいと思うのは僕だけでしょうか?



だから僕はある程度お金を稼いだ後は

「これをやって自分は幸せになれるのか?」

を基準にビジネスを考えていくようになりました。


ネットビジネスに取り組む究極的な目的は
幸せになることですからね^^


というわけで参考になれば幸いです。


以下の記事も参考にしてみて下さい。

貯金すればするほど貧乏になっていく理由




マイケルでした!


P.S


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)
Copyright © 社畜を辞めた映画監督の副業ネットビジネス・レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます