Youtubeビジネス講座のカテゴリ記事一覧

夢追人の映画監督。ネットビジネスで自由になった秘密を教えています。

カテゴリ:Youtubeビジネス講座

Youtubeタグとは、説明文、サムネイルとは? Youtubeにおける各部の機能についての解説


今までの講座

Youtubeビジネス講座0部:2017年Youtubeビジネスの現在&動画というコンテンツのパワー

Youtubeビジネス講座1部:なぜYoutubeで稼げるのか?Youtubeで稼ぐ方法の仕組み

Youtubeビジネス講座2部:稼げないユーチューバーが忘れている収入に直結する大切なこと

Youtubeビジネス講座3部:Youtubeチャンネルの作成のやり方 最新2017年版のYoutubeチャンネルの作成方法

Youtubeビジネス講座4部:Youtubeからの動画投稿の仕方最新版 2017年のYoutubeでの動画投稿の仕方

Youtubeビジネス講座5部:2017年YoutubeでのGoogleアドセンスの取得方法



マイケルです。


Youtubeビジネス講座第六回をやっていきましょう。


今回はYoutubeにおける各部の機能と役割についてです。
Youtubeで稼いでいる人からすれば当たり前すぎるほど当たり前なんですが、


初心者だと「なにそれ?」という方もいます。


今後さらに実践的な内容を扱っていく上で「なにそれ?」では
理解の妨げになりますから、しっかり扱っていこうと思います。




Youtubeは素人であっても投稿は簡単ですし、
趣味で動画投稿をするだけなら、あんまり考えることもありません。


しかし、稼ぐとなると話は違ってきます。
どうでもいいと捨てた部分が実は10万円稼ぐのに
必須になってきてしまうからです。



「Youtube稼げない」という人は今回お話する部分を
極めて雑に作ってしまっています。


そのせいで稼げる動画すら稼げない状態に
落としてしまっている事すらあるのです。


僕も今回お話する部分を作り直したら
再生数や露出がかなり改善した事もありますね。



なので、各部の機能についてはそれなりに知識を持っていたほうがいいです。
視聴され、Googleアドセンスによって収益を上げることが目的ですからね。


というわけで、順番にお話していきます。


サムネイルについて



サムネイルはこんな感じに出てくるYoutubeの画像のことです。

samuneiru.png


Youtubeで集客する際にはまず大事にしてほしい部分になります。


実際、タイトルをどれだけ秀逸にしてもサムネイルがダメだと
アクセスは落ち込むからです。




サムネイルは動画を再生した際に最初に目に入ってくる部分で、
最も視覚的に集客できる部分になります。


タイトルがYoutubeのシステム的な集客を目的としてつけるものとすると、
サムネイルはYoutubeの人間的な部分にフォーカスして集客します。


だから、露出は多いけど再生数が伸びていないという場合は、
サムネイルが悪いという事態が真っ先に考えられます。



Youtubeの検索エンジンや関連動画に表示されるために、
仕込みができてもサムネイルが悪ければクリックされないからです。



視聴されるサムネイルの作り方に関しては
後々の講座でお話していきます。


ここでは、サムネイルは「お店の看板」みたいなイメージで
覚えてもらえれば十分です。


タグについて




Youtubeのタグというのは、キーワードのようなものです。


動画のアップロード画面では赤枠の部分がそれに該当します。

appurodotyuu.png



関連動画に表示するために必要なもので、
これを適当に書いてしまうといつまでたっても
関連動画表示されませんから、最適な書き方があります。



細かなアクセスを集める助けにもなりますし、
稼ぐのであれば必ず入れましょう。


このタグの入れ方についても別な講座で専用にスペースを取ってお話していきますが、
今は「どんな動画に分けられるかの分類」をするイメージでOKです。

チャンネルについて



チャンネルはYoutubeビジネス講座第3部で作りましたね。


Youtubeチャンネルはいわば、
Youtubeにおけるあなたの動画コーナーになります。


Youtubeという広い市場に、あなた専用のスペースを作るイメージですね。
Youtubeを訪れると動画した辺りにこのような部分が目に入ると思います。

チャンネル登録


チャンネルを登録していると、新しく動画が投稿された時に
チャンネル登録者に連絡が行きます。


つまり、リピーターを獲得しやすくなり、
投稿動画から収益を上げやすくなる仕組みになっています。


また、チャンネル登録者数が増えてくるとYoutubeのSEO対策的にも
かなり有効になってきますのでさらに登録者が増えてくることになります。


始めの内は様子見になってきますが、
慣れてきたらYoutubeチャンネル自体のデザインなども
凝ったものにしていくといいでしょう。


例えば有名Youtuberであるはじめしゃちょーのチャンネルはこんな感じです。


はじめしゃちょーちゃんねる



かと言って、作ること自体は非常に簡単です。


お店で言えば内装に当たる部分なので、
自分の扱っているジャンルに合うような
作りであればいいでしょう。


説明欄について




最後に説明欄です。


Youtube動画を投稿する際には説明欄があります。
ここはフル活用して下さい。


単なる動画の簡単な説明だけで済ませると
非常にもったいないことになります。



僕の経験上、稼げていない人はこの説明欄の
コンテンツが充実していない場合が多いです。



もちろん、動画がメインではあるのですが、動画を見て

「もっと知りたい!」

と思った時に説明欄が貧弱だと
それだけで客が逃げてしまう可能性があります。


視聴者へのコメント、チャンネル登録のお願いやなどを
基本的に書きます。


しっかり記載することで、より長く動画にとどまってもらえる可能性も
高まりますし、アドセンス報酬をより伸ばすことにも繋がります。



他にも関連動画を貼ったりしてアクセスをさらに誘導する方法もありますね。
そのあたりはYoutubeビジネス講座の後半でお話していきたいと思います。


初期にアクセスを集めるためには必須です。
稼ぐのであれば、説明欄はめんどうくさがらずに
しっかり書く必要があります。


また、後々問題にならないように使用した画像や音楽などの
引用元なども記載する必要があります。
この辺も説明欄を使って書くところですね。



ある程度テンプレートを用意してもいいですが、
作る動画ごとに省いたり追加したりすれば
なおいいです。


説明欄の使い方は丸々一記事取って説明していきますので、
今は「そういうものなのか」くらいでいいと思います^^



Youtubeビジネス講座6回 まとめ




というわけで、実践者からすればやや退屈だったかもしれません。


しかし、分かっているようで分かっていないというのは
ネットビジネスをやっていればいくらでもあります。


そして抜け落ちた部分のせいで稼げなくなってしまいます。


でも逆に言えば基礎基本をしっかり身につけた上であれば、
Youtubeはビジネスとして全然難しくないですし
慣れてくれば動画制作もネタ探しも楽しいものです。


今後お話していく、「ある事」をやれば
適当に稼ごうとしている底辺Youtuberとは
一線を画す稼ぎ方をすることができます。



楽しみにしていて下さい^^


分からないことがあればなんでもお問い合わせ下さい^^

↓↓
マイケルに質問する


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

2017年YoutubeでのGoogleアドセンスの取得方法 Youtube経由なら審査不要でGoogleアドセンスをゲット




今までの講座

Youtubeビジネス講座0部:2017年Youtubeビジネスの現在&動画というコンテンツのパワー

Youtubeビジネス講座1部:なぜYoutubeで稼げるのか?Youtubeで稼ぐ方法の仕組み

Youtubeビジネス講座2部:稼げないユーチューバーが忘れている収入に直結する大切なこと

Youtubeビジネス講座3部:Youtubeチャンネルの作成のやり方 最新2017年版のYoutubeチャンネルの作成方法

Youtubeビジネス講座4部:Youtubeからの動画投稿の仕方最新版 2017年のYoutubeでの動画投稿の仕方


マイケルです。


Youtubeビジネス講座5部をやっていきましょう。


ここでは、いよいよキャッシュポイントとなる
Googleアドセンスの取得についてお話していきます。


今までは、日記系ブログに500文字程度の文章を
20記事書けば通ると言われていました。


ブログ経由で通ると、Youtubeで問題が起こった際に
最悪のパターンであるアドセンス剥奪までなるリスクを軽減できるからですね。


著作権のグレーゾーンを攻める動画が流行っていたのもあって、
ブログからの取得が今までは推奨されていました。



しかし、2017年を迎えてブログでのGoogleアドセンスの
取得難度は一気に上がりました。



今までのような日記系ではまず通らなくなりましたし、
そもそもフリーブログでは審査にすら出せなくなりました。


このような変化があったのもあり、未だにあれこれ情報が
飛び交っています。


ただ、ブログでの取得が難しくなったのであれば、
ブログで取らなければいいだけですね。



物販アフィリエイトでそれなりに稼いでいる人間が、
アドセンス取得にチャレンジしたら落ちたなんて話もあるくらいですし、


なにより文章力不要なYoutubeで稼ぐために文章力が要求される
ブログでアドセンスを取るというのもやたらと遠回りです。


Youtubeの教材を購入された方で、始めることすらできないというのは
ブログ経由でのアドセンス取得ができないケースが大半です。



僕も過去、ある情報が足りなかったために
教材を買うも実践にいたらなかった悲しい経緯がありますし、


せっかく意気込んでいるところに水を注されるのは最悪なので、
ここではYoutubeでアドセンスを取得する方法についてお話していきます。



「ブログじゃなくてリスクは大丈夫なのか?」と思うかもしれませんが、
そもそも今グレー系動画は収益化停止などの措置が取られやすくなっています。


グレー系に手を出すのでなければYoutubeで
アドセンスを取得してしまっても問題はありません^^



2017年Youtubeでのアドセンス取得方法




では、Youtubeでアドセンスを取得していきましょう。
現状のブログでの取得よりも遥かに簡単なので気負わず行きましょう。


最初にYoutubeから、クリエイターツールに入ります。
入り方がわからない方は、Youtubeビジネス講座の3部を参考にして下さい。

参考:Youtubeビジネス講座3部:Youtubeチャンネルの作成のやり方 最新2017年版のYoutubeチャンネルの作成方法


始めに、ダッシュボードにあるチャンネルをクリックします。

1


するとこのような画面になります。
次に、収益受取の「有効にする」をクリックします。

2



有効にすると、以下のような画面に来ます。

3

① の「開始」をクリックします。
すると規約などが出てきますので、チェックを入れて同意します。

4



チャンネルの成長に役立つ最新情報などは、
欲しい人はチェックを入れるといいでしょう。


次にGoogleアドセンスを取得していきます。


Googleアドセンスは一人1つなので、既に取得されている場合は
重複の申込みをされないように注意して下さい。



重複した場合、最悪両方のアカウントの停止にも繋がります。
充分に注意して下さい。



② の部分の「開始」をクリックします。

5



すると以下のような画面に飛びます。

既に持っているので関連付けです



僕は既に取得してしまっているので、関連付けとなっていますが、
新規に取得される場合は、電話番号など個人情報の入力が必要になったりしますので、
画面上の指示に従って頂ければと思います。


この時点でGoogleアドセンスを取得できています。
ブログでやったことがある人からすれば簡単過ぎて驚くと思います^^



そしてアドセンスを作成すると以下の状態になりますので、
収益化の設定をしていきます。


③ の部分の「開始」をクリックします。

6


すると以下の画面が出てきますので、「保存」をクリックします。

7


此処で広告の出し方や、アップロードする動画の収益化について聞かれますが、
特にいじらなくてもいいと思います。画像のようになっていれば問題ありません。


最終的にこのような状態になればOKです。

8



この後、チャンネルにアップロードされた
全ての動画の視聴回数が10,000回を超えた時点で、
審査が開始され、


アドセンスやYoutubeの規約に違反していないと判断されれば、
めでたくYoutubeから収益を得ていくことが可能になります。



視聴回数10,000回と聞くと、尻込みしてしまうかもしれませんが、
視聴回数1000回の動画でも10本上げることができればクリアできます。


なれるまでは中々視聴される動画を作ることができないかもしれませんが、
数をこなせば確実にクリアしていけるハードルですので、
諦めず継続してアドセンスを取得されて下さい。



ブログで取るのに失敗してYoutubeで取ろうとしている人向けの補足



過去にブログでアドセンスを取得されようとして、
取ることができなかった方がいると思います。


そういう場合は、②のステップで躓くことになります。


ブログでのアドセンス取得用のページに誘導され、
Youtubeチャンネルでアドセンスを取得するページに
行くことができないからです。



ですが、対策はもちろんあります。


現在アドセンスを取得しようとしている
アカウント以外のアカウントを全てログアウト状態にして下さい。



そして、改めてアドセンスの申請を行って下さい。


申請してもアドセンスを取得していない状態であれば
二重アカウントにはなりませんので、問題ありません。



そうすれば、誘導されずにYoutubeでの
収益化を行うことが出来るようになります。


2017年YoutubeでのGoogleアドセンスの取得方法 まとめ




ちなみに僕は昔アドセンスをブログで取ろうとしたら失敗しましたw
40記事くらい書きましたけどダメでしたね。


今はYoutube経由で取得したので持っていますけど、
Youtubeで使う目的で、今からブログからアドセンスを取ろうとするのは
かなりハードルが高いと思います。


今は3000文字の記事を30記事ほど書く必要があるとか言われていますし、
それだけの時間をかけるならYoutubeから取って
さっさと稼ぎ始めたほうがいいです。


この辺の稼ぎ出しが早いという部分も
Youtubeが稼ぎやすい理由ですね^^



準備とは言っても稼ぐための行動ができない状況は
もどかしいですし、気持ちも萎えやすいですからね。


ここまで来れば稼ぎ出すための準備はほぼ完了していますから、
次からはYoutubeの各部の機能の解説に入っていきたいと思います。



参考になれば幸いです。


分からないことがあればなんでもお問い合わせ下さい^^

↓↓
マイケルに質問する


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

Youtubeからの動画投稿の仕方 最新版2017年のYoutubeでの投稿方法




今までの講座

Youtubeビジネス講座0部:2017年Youtubeビジネスの現在&動画というコンテンツのパワー

Youtubeビジネス講座1部:なぜYoutubeで稼げるのか?Youtubeで稼ぐ方法の仕組み

Youtubeビジネス講座2部:稼げないユーチューバーが忘れている収入に直結する大切なこと

Youtubeビジネス講座3部:Youtubeチャンネルの作成のやり方 最新2017年版のYoutubeチャンネルの作成方法



マイケルです。


Youtubeビジネス講座4部をやっていきます。


前回はチャンネルを実際に作りましたね。


まだ作っていないという方は、Youtubeビジネス講座3部の
記事を参考に作ってみて下さい^^




さて、実際に動画を投稿する方法ですが、特に手間もいりません。
投稿時間によって収益化がされたりされなかったりなどと言われていますが、


真っ当にやっていればそうした心配はする必要が無いので
氣にせずやっていきましょう。


動画を投稿してみよう




投稿する動画ですが、適当に近所やペットを
撮影をしたもので大丈夫です。


アップロードには画面右上の上矢印のボタンをクリックします。
※クリックで拡大します

appurodo.png


すると以下のようなアップロード画面が出てきます。

appurodogamen.png


この画面にアップロードしたい動画ファイルをドラッグ・アンド・ドロップか、
矢印をクリックしてアップロードするファイルを選択して下さい。


するとアップロードが始まります。

appurodotyuu.png



このアップロードの間にタイトルや説明文を書くことができますが、
今回は練習なので適当で構いません。
終わってからでも編集できます。


赤枠で囲ってあるタグの部分がかなりバカにできない所で、
後で非常に重要になってきますが、今はとりあえず何も入れなくていいです。


アクセスを集める上で大事な仕組みだということだけ憶えていれば十分です。


アップロードが終わったら公開し、
右上のアイコンをクリックしてクリエイターツールに戻ります。


すると、確かにアップロードが完了していることがわかります。

appurodokanryousiteru.png


必要があれば「編集」をクリックして
タイトルや説明文などの編集を行って下さい。




Youtubeからの動画投稿の仕方 まとめ




あえて記事にするほどでも無いと思えるほど簡単です^^


Youtubeのアップロード画面も何度か更新されていますが、
更新というのは普通は「より使いやすくする」ために行われます。



なので、仮に操作画面が少し違っても、

「操作画面が違うからわからない!」

と思ってしまうのではなく、落ち着いて対処すれば
どうってことありません。


パソコンの基本的な操作ができれば十分できます。


あんまりビクビクしていてもしょうがないんで、
とにかくやって慣れていきましょう^^



参考になれば幸いです。


分からないことがあればなんでもお問い合わせ下さい^^

↓↓
マイケルに質問する


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

Youtubeチャンネルの作成のやり方 最新2017年版のYoutubeチャンネル作成方法

今までの講座

Youtubeビジネス講座0部:2017年Youtubeビジネスの現在&動画というコンテンツのパワー

Youtubeビジネス講座1部:なぜYoutubeで稼げるのか?Youtubeで稼ぐ方法の仕組み

Youtubeビジネス講座2部:稼げないユーチューバーが忘れている収入に直結する大切なこと



マイケルです。


Youtubeビジネス講座3部をやっていきましょう。


前回は

「Youtubeにも広告主がいて、広告主が掲載したくないような動画は
自然に単価が下がったり、掲載されにくくなる」


というお話をしました。


ただ、規制などが厳しくなったおかげで、真面目にYoutubeに
取り組んでいた人はむしろライバルが減りましたし、
単価が下がったのは一時的で、徐々に単価も戻ってくると考えられましたね。


また、規約などが厳しくなる規制は自社の媒体を健全化するのが目的でした。


しかし、運営の目をかいくぐって稼ごうとする底辺Youtuberが増えれば増えるほど
規約や参入障壁は更に厳しくなっていくことでしょう。


そうなると、Youtube自体の新規参入に
運営がストップをかけたり、
高い参入障壁を設けたりする可能性すらあります。



その証拠の一つとしてGoogleアドセンスの取得は
昨年の9月頃から急に難しくなりました。



物販アフィリエイトで数十万稼ぐ人でもアドセンスを申請したら
落ちたなんて話も聞いています。


今後この辺りのハードルはどんどん高くなっていくでしょう。


そのようなことになる前に、チャンネルや
キャッシュポイントとなるGoogleアドセンスの取得は
今すぐにでもやっておくべきです。




今回は実際にチャンネルを作る作業をやっていきたいと思います。


と言っても、特に難しいこともないですし、
同じ方法でチャンネルを複数作ることも難しくありませんので、
是非チャレンジしてみて欲しいと思います。


画像つきで解説してはいますが、落ち着いてやれば
何も知らなくっても作ることができるレベルで簡単です^^


この辺りのハードルの低さもYoutubeの参入の
しやすさにもなりますね。


Googleのアカウントを実際に作っていこう。



まずYoutubeチャンネルを作るためには
Googleアカウントを作る必要があります。


こちらから作成することができます。

↓↓

https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

そうするとこのような画面になります。

Googleアカウント


必要事項を記入して次のステップを押します。

douiwokurikku.png


規約に同意するように求められるので、同意をクリックします。

akaunntosakusei.png


これでアカウントの作成は完了です。
難しくはなかったと思います。


次にYoutubeチャンネルを作っていきましょう。


Youtubeチャンネルを実際に作ってみよう。



チャンネルの作成方法はYoutubeのアップデートごとに
若干の変更が加わっており、


まったくこのとおりでない可能性もありますが、
そんなに難しいこともないので落ち着いてやっていきましょう。


始めにYoutubeのページに行きます。

こちらからどうぞ

↓↓

https://www.youtube.com/

右上の「ログイン」ボタンをクリックします。

roguinkurikku.png


この時いくつかパターンがありますが、
画像のようにログインを求められた場合、先程作った
Googleアカウントのパスワードを入力して下さい。

roguinnmotomerareta.png


すると、ログインできるようになりますので、
Youtube画面右上のアイコンをクリックすると、
画像のようになりますので、クリエイターツールをクリック。

次にクリエイターツールをクリックします


今後、このクリエイターツールがメインで使用していくものになりますので、
この流れは忘れないようにして下さい。


クリエイターツールに入るとこのような画面になります。

チャンネルを作成


ここで青字のチャンネルを作成するをクリックします。


すると名字と名前を求められますが、
これがそのままチャンネル名になりますので
適当で構いません。


どんな名前でも大丈夫です。試しに作っているだけなのでジャンルなども気にせずに決めて下さい。


最終的にこのような画面が出てくればOKです。

tyannerudekita.png


これにてチャンネル作成は完了です。




Youtubeチャンネルを作ってみよう まとめ




画像つきだったので長くなりましたが、
もう一回あなたが自分でやってみたら
恐らく3分もかからないでしょう。


インターネット、特にGoogleは利便性を追求しています。
なので、操作画面などは使いやすく作られているはずなのです。



僕もインターネットを使い始めた最初の頃はインターネットに「履歴」という
機能があることすら知りませんでしたし、

パソコンにトラブルが起きたらてんやわんやしていましたが、
今では未知のトラブルですら自力で解決できるようになりました^^


「パソコン操作ができない、難しすぎる」という方は、
ほとんどの場合、自分の精神的な面で「これは難しいものだ」と
思っているから、なかなか上手く行かないことが多いですね。


そうした苦手意識を消すために、ぜひ何度か同じ操作をやってみたり、
テレビを見ないでパソコンで仕事したりする時間を増やしてください。


知識や技術はやっている内に身についていきますから大丈夫です。


いつまでも苦手意識を持ったままやっていても、
作業の妨げにしかなりませんからね^^


次回は実際に動画を投稿してみたいと思います。



こちらもまったく難しいことは無いので、
一つずつやっていきましょう。


参考になれば幸いです。


分からないことがあればなんでもお問い合わせ下さい^^

↓↓
マイケルに質問する


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

稼げないユーチューバーが忘れている収入に直結する大切なこと



今までの講座
Youtubeビジネス講座0部

Youtubeビジネス講座1部



マイケルです。


Youtubeビジネス講座2部です。

今日は収入に直結する「超」大事な部分について
お話していきます。


Youtubeで稼げていない、稼げないと思っている人は特に読んで下さい。


0部でもお話しましたが、ネットビジネス業界で
Youtubeビジネスの最全盛期は2012~2016年くらいでした。


しかし、広告単価が0.1円と下がり、更に現在では
0.05円とまで言われています。



10万回再生されても5000円にしかならないのです。


ヒカキンなどのプロユーチューバーにしてみても、
収入が半分というのは由々しき事態と言えます。



それもあって「Youtubeは稼げなくなった」とも
言われることになっていますが、

正直、思い込みと言い訳に過ぎません。変わらず稼げます


それはYoutubeビジネスをマクロな視点で
捉えられていないから起こる勘違いです。


Youtube最大の強みはキチンと仕込みをした上で、
動画をアップし続ければ誰でも稼げるところにあります。



そもそも、Youtubeで稼げるだけのお金をブログアフィリエイトでやろうと思ったら大変ですよ。
一記事一時間くらいはかける必要がありますし、それであってもなお売れるかどうかわからないですし、


ブログを使ってアドセンスで稼ごうと思っても、一時間で一記事書く間に
Youtuberは3,4動画作ります。


物量で攻めるなら間違いなくYoutubeですし、
文章力も不要ですし、なにより動画の請求力の強さは0章でもお話したとおりです。


そしてこのような方法で稼げるビジネスは、
Youtubeをはじめとする動画分野以外に存在しません。



近い方法は取ることができても、文章化や言語化が困難な感覚的技術を
身につけなければならない点でYoutubeより簡単とはいえないのです。


しかし、

「では、アドセンスの一再生数あたりの報酬が
0.1円から0.05円に落ちて本当に稼げるといえるのか?」

と思われるかもしれません。


再生数あたりの収益は目安ではありますが、
それと収入は完全にイコールではありません。



特に今日は収益についての疑問点を晴らしていこうと思います。

クリック型のGoogleアドセンスと言えども広告主がいる



cc0160155351_TP_V.jpg

昔、Youtubeをなんとなく実践していた僕に決定的に足りてなかった物がありました。


ネットビジネスに取り組みはじめて、収入が上がり始めた頃で、

「Youtubeもちょっとやってみようかな」

みたいな気持ちで取り組んでいた時です。
あるトラブルに見舞われました。


アップしていた動画の収益化が軒並み解除されていったんです。


訳が分からずあたふたしていたところ、同じような問題が起こっている人達が
多数いることに気づきました。


問題を抱えている人には共通点があり、批判や差別、
要は、直接的にせよ間接的にせよ誰かの不況を買うような内容だったんです。



成約型アフィリエイトをやっている人であれば
あまりにも当たり前な話ですが、
広告にはそれを提供している広告主がいます。



中には審査もあって、広告主が「このサイトに掲載したくない」
と思った場合は広告を掲載させないこともあります。


Googleアドセンスは確かにGoogleが提供していますが、
掲載される広告は広告主がGoogleに依頼して出してもらっています。


なので、広告主はGoogleアドセンスの広告として表示されるために
お金を、広告費を払って出していることになります。




では、自社のイメージダウンに繋がるような動画に
広告主は広告を出したいと思うでしょうか?


価値提供せずに稼ぐことしか頭にないような動画やチャンネルに
自社の広告を載せたいと思うでしょうか?



リアルビジネスで考えれば、
そんな相手と取引したいと思う人間はいないはずですね。


稼ぎたいという気持ちはビジネスに取り組む以上
誰しも持っているわけですが、このようなあたり前のことを
失念していると当然稼げないわけです。


なぜアドセンスの広告収入が下がったのか?




アドセンスの収入が半減したのは
2017年4月から5月ごろだと言われています。


その理由は大きく2つあります。

大手企業の広告撤退




ヘイトスピーチや人種差別発言が行われていた動画に
広告がついていたことがイギリスの新聞で大きく取り上げられたのです。


企業としては当然イメージダウンが避けられませんので、
マクドナルド、大手自動車メーカーがユーチューブ広告から
撤退しだしました。



強力な広告主が少なくなれば広告収入が減り、
単価が下がるのは道理ですね。


もちろんGoogle側も対策を行い、企業が戻ってきています。

(Youtube規約が厳しくなったのもこれの影響がありそうますね)


以前よりも広告を出す企業が不足してはいるものの、
Googleアドセンスは有用なプロモーション方法ですし、


超大企業であるGoogleを通して広告を出せるというのは
企業に対して大きなメリットになりますから、
単価が下がったままになるというのは考えにくいです。


しかも、そのような状況でライバルも減りますから
更に稼ぎやすくなります。


加えて、今やっておけば、単価が上がった時には
あなたのYoutubeビジネスは軌道に乗っていることになりますから
ある日収入が「ガン!」と上がることすらあるでしょうね^^



増えすぎた「底辺Youtuber」



Youtubeビジネスが稼げると聞いて様々な人達が飛びつきました。


その結果、同じような動画が溢れかえり著作権無視や
見ても何も面白くないようないわゆる「ゴミ動画」が
物凄く増える結果になってしまいました


それでも、アドセンスを取っている以上は広告収入が
入ってきますよね?


先程も言いましたが、広告主はそのような動画に
広告を載せたいと思うでしょうか?



このあとお話する広告単価の話にも関わってきますが、
雑な動画を上げれば上げるほど、稼ごうとするように見えて
自分の首を絞めています。



実際「動画が収益化されない・・・」なんて書き込みが
Youtube系の掲示板には溢れていますし、

そんな中、「午前中にアップすればいい!」みたいな
迷信もまことしやかにささやかれています。


結局のところ、稼ぐことしか頭にないと「いかに自分が変わらずに
運営の目をかいくぐるか」みたいな発想になってきて稼げません。



それでは当然のように真面目に動画を作って娯楽という価値を
提供してきた人達に勝つことなんてできるわけありません。



この辺りも「底辺Youtuber」の言い訳の定番ですね。


Youtubeビジネスに取り組む目的は稼ぎたいからですが、
動画はエンターテインメントですので、
それを忘れて稼ごうとしても中々収入は伸びていきませんよ。


そのような動画に広告を掲載しても
企業側にメリットが薄いからです。


広告単価は変動する




Youtubeの「一再生数当たり何円」と言うのは、
あくまで平均です。


実際は広告単価は季節によって変動しますし、
どのようなYoutuberなのかによっても変動します。



また、再生回数ではなくどのくらいの時間再生されているのかが、
YoutubeSEO的にも、収入的にも非常に重要になってきます。


このあたりを知らずに広告単価が下がったのを見て

「Youtubeが飽和した!!」

って決めつけるのはおかしな事です。


そんなことを言っている暇があるなら
作る動画のクオリティを上げるべきです。


スマートプライシング



これは0章でお話したスマートプライシングが関わってきます。


企業側もただ広告を見られるだけでなく、
そこから商品の成約やサービスの契約などにつながってくれなければ
広告を出す意味がありませんよね?


そこで、Googleはスマートプライシングというシステムを導入し、
クリックからの成約率が悪いサイトへの広告単価を下げる方法を取っています。



そのため、極端な例ではひたすら広告のクリックを狙っているような
動画やサイトでは広告単価が下がることになるのです。


稼ぎたいがために欲をかいて無駄なクリックを誘発することは、
自身の稼ぎを下げているということです。


季節による変動




広告単価は季節的な影響を受けます。


年末商戦やクリスマスがある12月頃は他の月と比べて
単価が高くなる傾向がありますね。


広告を提供する側も、売上を上げるために高い単価を
出してくることになるからです。


具体的には12月と3月は特に単価が高いですね。


反面、消費が少ない時期には単価が下がります。



他にも様々な理由で、広告単価を一概に決めることはできません。


そろそろ僕が最初に「思い込みと言い訳に過ぎません」と言った
意味がわかってきたのではないでしょうか?


結局のところYoutubeというビジネスをよく知らずに
やってしまった人達が状況に流され、一喜一憂しているということです。



ヒカキンの1再生とあなたの1再生は同じ価値ではない



僕自身チャンネルでの単価にはばらつきがありましたね。


当時はYoutube広告はかなり細かな話をすると、
一再生数当たり0.04~0.24円でした。


非常に差がありますが、この理由は表示される広告の
種類によります。

1部でお話したように、一口にYoutubeの広告と言っても
いくつか種類があります。


クリックされると報酬が発生する広告と、
視聴時間で報酬が発生する動画の広告がありましたね。


そして、動画の広告の中には飛ばせる広告と、
飛ばせない広告があります。


お察しの通り、飛ばせない広告のほうが単価は高いです。


そのため、飛ばせない広告を扱っているYoutuberの方が、
一再生数あたりの単価が高くなるのです。

0.04円の場合は一万回再生で400円、
0.1円の場合は一万回再生で1000円
0.24円の場合は一万回再生で2400円


になりますよね?


広告の種類によってこれだけの差が生じます。


どこに広告を表示させるのかは選べますが、
どんな広告を表示させるのかは自分で選ぶことができません。



Youtube側、ひいてはGoogleが独自の仕組みやルールで
広告形態を選択しています。



ではそれはどのように判断されているのでしょうか?



動画再生時間




正式に発表されているわけではありませんが、
既に発表されている情報や、Googleの基準などを踏まえ、


動画の再生時間


が僕の経験上最も重要な要素でした。


5分間の動画で最後まで視聴される動画
5分間だけど数秒で離れられてしまう動画



どちらがいい動画でしょうか?


もちろん前者ですよね。


広告主も前者のような動画に力を入れて行きたいはずです。
より長い時間目に触れれば、よりクリックされて成約する
可能性が高くなるからです。


そうなると、広告主側もそのような動画に表示されるために
高い単価で広告を提供することになるのです。




そう考えると見出しで、

「ヒカキンの1再生とあなたの1再生は同じ価値ではない」

と言った意味が分かりますよね?



いわゆる視聴者無視で稼ぐためだけに動画を投稿しまくるタイプのYoutuberは、
すぐに視聴を停止させられてしまったりするので、


そもそも広告自体が表示されにくいです。


しかも、1再生とカウントはされますが、
広告はほとんど目に止まらず、
クリックもされないので収益も発生しないのです。


これが稼げない理由です。



そのため、再生数=収益というのは目安にはなりますが、
本質的にこのように考えるのはナンセンスだと思っています。

(指針としては便利ですけどね)



例えばヒカキンの動画に関して言えば、
単価が高い飛ばすことのできない動画CMが
一動画の中に複数入っていたりもします。


つまり、最後まで視聴されれば一再生数あたりの単価は
その辺のYoutuberに比べて遥かに高くなっているということです。


スキップ不可能な動画広告は一番単価が高いと言われていますので、
仮に0.24円で計算すれば二つ入っていれば0.48円になりますね。


現在の細かな単価がどのくらいかはともかく、
一再生0.1円と言われていた当時にしても5倍近い単価なわけです。




しかも、超人気Youtuberの場合、特別単価なども
ありえない話ではないので、

底辺のYoutuberとは雲泥の差になることは
お分かりいただけるのではないでしょうか?


Youtubeビジネス講座2部 まとめ




今日はYoutubeビジネスというより、ビジネスやアフィリエイトの
本質的なお話をしてきました。


クリック型広告のGoogleアドセンスにも
広告主がちゃんと存在していること


広告主が嫌がる動画では単価が低くなったりすること


動画が視聴されるかどうかが重要で、
それによって一再生数あたりの単価は変動すること




色々難しかったかもしれませんが僕が言いたいことは、
稼げないという情報に踊らされないことですね。


インターネットは匿名性が強いので、少数派の意見が
さも一般論であるかのように錯覚しますが、

落ち着いて全体を捉えてみればその主張は
どこかズレていると気づくはずです。



どの分野でも稼げた人がいれば稼げない人もいます。


稼げない人達は無限に言い訳を考え出しますが、
その情報に踊らされずに広い視点を持って見れば
それが本当なのかどうかが分かってきますよ。


言ってしまえば、いい加減な方法で稼げていた今までがおかしかっただけで、
今のYoutubeは稼げなくなったのではなく、健全化したという方が正しいですね。

ライバルも減っていますし、Youtubeが衰退しているわけでもないですし、
2017年のYoutube市場はまともに動画を作ってきた人達にとってはむしろ稼ぎやすくなっています。



次回は具体的にチャンネルを作っていきたいと思います^^


実作業も伴ってきますので、
パソコンで読まれることをオススメします。


参考になれば幸いです。


分からないことがあればなんでもお問い合わせ下さい^^

↓↓
マイケルに質問する


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)
Copyright © 社畜を辞めた映画監督の副業ネットビジネス・レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます