MLM系のカテゴリ記事一覧

夢追人の映画監督。ネットビジネスで自由になった秘密を教えています。

カテゴリ:MLM系

アンビットエナジーの「怪しい」という口コミ評判の生体験レビュー ねずみ講という評価は不適切?報酬プランの仕組みと不明瞭な電気料金の実際



マイケルです!


今回は


アンビットエナジー


というMLMについてレビューしていこうと思います。


MLM=ネットワークビジネス=マルチ商法=ねずみ講と
まだまだ思われていますけど至って合法ですし、
実際はちゃんとしたビジネスです。


しかし、自分にダウンをつけないと収益になっていかないので、
強引な勧誘が目立ったりしてMLM全体が怪しいイメージを持たれがちです。


僕は父がMLM系会社の重役だったということもあって、
超トップしか知らないような裏話も聞いていますが、

製品自体が気に入っているのであればお金を得ながら
商品を普及させるMLMというビジネスモデルは
別に悪いものじゃないとは思っています。


その辺の辺の話はこちらを参考にして下さい^^

ネットワークビジネス会社の元重役の息子が語るMLMの裏側



ただ、気に入った商品があってそれを広めるついでに
少額の現金を得るというスタイルであれば良いと思うんですが、

お金を稼ぐ目的だったり自由になるためにMLMを
中心に取り組むとなると強引な勧誘や人間関係の
いざこざに発展してしまうこともありますね。



商品自体についての理解が必要というのもあり、
基本的に脱サラ目的とか稼ぎたい目的の人には
MLMはオススメしにくいんですが、

今回話が回ってきたアンビットエナジーは
実は僕が直接勧誘を受けました(笑)


かなり勢いのあるMLMで聞いたことのある人も多いと思います。


受けたセールスを生のままお届けしますので、
アンビットエナジーの仕組みや報酬プラン
含めて内容を見ていきましょう^^


アンビットエナジーの「怪しい」という口コミ評判の生体験レビュー



アンビットエナジーLP


会社概要
社名: アンビット・エナジー・ジャパン合同会社
小売電気事業者登録番号: A0401 (登録年月日平成29年4月25日)
所在地: 〒530-0017 大阪市北区角田町8番47号
阪急グランドビル20階
登記上の住所: 〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目19番23号 オーク南麻布ビル2階
設立日: 2016年8月18日
資本金: 1億円
取引銀行: 三井住友銀行
顧問弁護士: ジョーンズ・デイ法律事務所
最高経営責任者: ジェリー トンプソン ジュニア
(Jere Thompson, Jr.)
社長: クリス チャンブレス
(Chris Chambless)
事業内容: 一般家庭および店舗・小規模事業者を対象に電力を提供
アンビット・エナジー・ジャパン合同会社、米国テキサス州ダラスに本社を置くアンビットエナジーの日本法人として設立されました



僕の受けたセールスはこちらです。


フェイスブックで申請してきて、友だちになったんですが、
ある日突然フェイスブックのメッセンジャー(個人間でやり取りできるショートメールのようなもの)に
投稿がやってきたんですね。


きっかけは僕の投稿した画像でした。


お相手はミスターさん(仮名)。
英語でやり取りしたので日本語訳してあります。


(前略~)

マイケル「自分でビジネスをやっています。ほとんどはそこに注力してますね」


ミスター「良いですね!

私も自分のビジネスを持ってますよ!ぼちぼち毎日の労働時間が4時間のステージに行きそうです。残りの時間は好きに使ってます:)」


マイケル「ああ、アンビットエナジーについてはよく聞きますよ。面白いですねアレ(彼のプロフィールにアンビットエナジーについて書いてあった)」


ミスター「そうですそうです!
最初はちょっと働く必要がありますけど、後々まともな収入になっていきますよ!
ほとんど働かずにね。」


マイケル「まぁそうですね。それがMLMの一番のメリットですよね?

僕はMLMでなくてアフィリエイトでお金を稼いでいますね。学びは多くありますし、何よりすごく楽しいです。ビジネススキルと経験は陳腐化しないものですからね。その価値があると思っています。(暗に要りませんよって言いました(笑))」


ミスター「はいそうですね。それがMLMです。でも他の会社よりはずっと良いですよ。
アムウェイみたいなやつよりは・・・・
(この辺から若干セールスっぽさがはいりましたね)


ああいった会社はいらない商品でも売りつけてきますからね・・・・
アンビットエナジーは電力ですから皆が必要なものですよね。
だからずっと売りやすいんです。」


マイケル「ああ、アムウェイは知ってますよ。アンビットエナジーはもう日本に入ってきてるんですか?エネルギーを日本で売るということについてどう思っているのか気になります。日本はかなり既存の電力会社が強いですから」


ミスター「ええ・・・・アンビットエナジーは2017年5月にスタートしましたよ。確かに日本の電力会社は強いですけど同時にマーケットとして大きな意味を持っていると思うんです。なので、ビジネスチャンスはかなり大きいと思いますね。

何よりどんな会社も電力の利用者にペイ(お金を払うこと)はしないでしょ?だからもし日本人がアンビットエナジーについてもっと知ることが出来れば、日本では本当に簡単に広がっていくと思うんですよ!」


マイケル「興味深いですね。ですけど、でも日本人の国民性についてどんな対策を持っていますか?もしご意見があれば聞いてみたいですね」


ミスター「日本人の国民性?」


マイケル「日本人の習慣とか常識といったことですね」


ミスター「ああなるほど。ちょっと日本人の国民性については私にはわからないですね・・・・そのあたりの考え方を変えるのって難しいじゃないですか」


マイケル「まぁそうですね」


ミスター「であっても、直接的な利益を提示できるのであれば日本人は理解すると思いますね。

あと、母国語も大切です。外国人が言うのと、日本人が言うのでは日本人の受け取り方に違いって絶対あると思うんですよ。日本人よりも信じてくれないと思います。

なんで、もし製品が良ければMLMが日本で成功するのってそんなに難しくないと思うんですよね。必要なのは友達とか近所の人とか親戚とかその辺の紹介先だけです。」


マイケル「僕の英語力がもっとあれば日本のビジネス戦略の話しとかもっとできたんですけどね~」


ミスター「いえいえ、十分上手ですよ!もしやりたければ無料でお電話もしていいですよ!」


マイケル「良い英語の練習になるね(笑)」


ミスター「笑」


ミスター「ところでMLMはやったことあります?」


マイケル「ああ、家族がやってましたね」


ミスター「もしもっと知りたければ自分で経験するのが一番ですよ!とにかく飛び込んでみることです!

例えばアンビットエナジーが日本で始まりましたよね。本当にいい機会だと思います。電力を使うことで収入を得ることができる・・・・これは今までの日本ではあり得なかったことです!!

それにまだまだ黎明期ですよ!アンビットエナジーについて知っている人は少数です!参加すれば初期メンバーに入れます。そしたらもの凄いことになりますよ!」


マイケル「分かりました、ミスター。話せて良かったです!ミスターが日本に来る時は助けになれると思います」


ミスター「いいですね!まぁ私はアンビットのために日本に来る必要はないんですが・・・・アメリカのワールドワイドコンサルタントとして働いているので、アンビットについてはアメリカにしか影響力無いんですよね・・・」


マイケル「まぁ遊びに来れば良いんじゃないですかね(笑)」


ミスター「ですね(笑)まぁとにかくアンビットについて興味があればこのビデオ見て下さい。で、考えを聞かせて欲しいです。



僕はだいたいこんなことやっています。また今度話しましょう!」


マイケル「はい。ありがとうございました」

――――――――――――――――――――――――――――――


アンビットエナジーと他のMLMとの最大の違いは
その商品が電力だということです。


MLMって美容健康食品やサプリメントが主流なので、
必要がなければ買わなければいいだけなんですが、

アンビットエナジーでは電力を紹介するので
万人にオススメできると言うのが宣伝文句になっていますね。


先進国であれば全員が使うであろう電力をMLM化するという
発想は非常に面白いと思いますね^^



正直会話中に若干の駆け引きはあったものの、
強引な印象は受けませんでしたし、ゆるい感じで誘ってきました。


なので、悪評とか怪しいとかいうイメージは
僕は持たなかったですね。


本格的な勧誘の前段階の軽いジャブだったというのも
あると思いますがけど。



ただ、日本でのアンビットエナジーの広め方について
言及がなかったのと、

「直接的な利益を提示すればいい」

という考えを日本の会員にも広めているのであれば
あまりいい方法ではないと思います。


日本人とアメリカ人の国民性ってかなり違いますからね。


「東京電力を使ってきたけどお金稼げるっぽいから
来月からアンビットエナジーに乗り換えよう!」



ってすんなりいく日本人はあまりいないと思います(笑)


そしてその肝心のお金の部分ですが、アンビットエナジーの
電気料金については明らかになっていません。



会員の方が有志で作っている動画にも
電気料金の説明は無かったですね。


そんな中、MLMにありがちな

「電気料金100%安くできるよ!」

という謳い文句も飛び交っています。


アンビットエナジーに対抗して他者が電気代を
安く設定すればこの前提がくつがえりますので、
ちょっと不確かな謳い文句ですけどね。



ただ、それよりも僕が気になったのは、金稼ぎを目的として
どのくらいうまくいきそうなのか?というところです。



アンビットエナジーでは収入が3種類します。

・ダウンが期間内にボーナスを獲得することによる報酬

・ダウンから発生する電気料金の一部からの報酬

・25円×ダウンの数の報酬



全てダウンを獲得することが前提ですし、
ボーナス報酬は期間も決まっていますから
相応に頑張らないと報酬に繋がりません。


あと、MLMではボーナスよりもダウンが定着することによる
固定収入のほうが大事になってきます。


これは父の勤めていた会社でも問題になっていましたが、
お金だけで集客された人間って離れていくのも早かったそうです。



なので、ダウンを作ったら、ダウンがダウンを作っていけるように
しっかり教育していく必要があるんですね。



そしてグループが大きくなってきたらセミナーとか
自己啓発教師的な行動も必須になってきていました。


それも無料で、です。


これは年収数億円クラスの超トップでも同じ話で、
(彼らの場合は海外旅行クラスで規模が違いましたが)
真の意味で不労所得にはならず、

報酬維持のためには相応以上に働かなければ行けないという
現実がMLMと言うかたちを取っているアンビットエナジーにも
あることです。



この辺りをうまくこなせるかどうかはネットワークビジネスとの
相性の問題になりますね。


人間関係の構築が大好きな人はいいんですが、
自分と仲のいい少数の人と付き合っていきたいという人には
ストレスになってしまうかもしれません。


アンビットエナジーの「怪しい」という口コミ評判の生体験レビュー まとめ




正直話した感じ悪い印象は受けませんでしたし、
報酬プランや会社説明を見ても怪しいとは思いませんでした。


MLM系の案件としたはかなりまともな部類に入ると思います。


ただお金稼ぎを目的として入るのであれば、
あんまりオススメできないです。



結局のところMLMは最後までグループの面倒を見続ける必要があって、
ちょっと頑張ったからと言って不労所得になるものではないからです。


ダウンから支持される人間力とかカリスマ性とか
その辺りも必要になってきますし、

「今黎明期でダウンつけやすい」

というスタンスで取り組むとかなりキツイ事になると思います。


単純にお金稼ぎ目的であればアフィリエイトに取り組むほうが
肉体的にも精神的にも安定して稼げると思います。


完全在宅で取り組めますし、セミナーとかコンサルとか
やる人はやりますが必須ではありませんし、
むしろやってないほうが多数派です。


有名人になったからと言って新聞やネットに実名と顔写真が
必ず載るというわけでもありませんしね。


もし興味がある場合はこの辺のコンテンツも参考にして下さい^^

ノウハウコレクターだった僕がMLMだけはやらなかった理由とは?


参考になれば幸いです。


マイケルでした!


P.S
自分が頑張ったら頑張っただけ成果になるのがネットビジネスです。
MLMのような人間関係はともかく、お金を稼ぐのであればこれ以上のものは無いと思っています^^


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



記事の疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

ネットワークビジネス会社の元重役の息子が語るMLMの裏側 ノウハウコレクターだった僕がMLMだけはやらなかった理由とは?




マイケルです!


僕は現在、ネットビジネス(インターネットビジネス)で
生計を立てています。


物凄く金持ちというわけではないですが、
とりあえず生活をするのには困ってはいません。


主な収入源はアフィリエイトです。


物販含めいろいろなビジネスに手を出してきましたが、
最終的にアフィリエイトに落ち着きました。



ただ、MLMにだけは深入りしませんでしたし、
今後も出すことはないと思います。


「MLMの事何も知らないのにMLMの事語らないで」


と思われるかもしれませんが、実は僕の父はMLM系の会社で
かなり上のポストにいたため、経営の超上層部しか知らないような
情報も愚痴混じりに父から聞いてきたのです。


また兄もMLMをやっていて創業前から関わっているので、
現在のMLMの話も僕の所に頻繁に入ってくるのです。


なので、実のところMLMでも超トップしか知らないような情報や
事情を過去、現在合わせて僕はそれなりに知っていると自負しています。


今までは大人の事情があってそうしたことについてお話できなかったんですが、
父も定年退職して数年、会社の縛りも溶けた頃なのでもうそろそろいいかなと。


父も当時のことを詳らかに話してくれるようになったので、
これからビジネスでお金を稼ぎたいという人の一助になれればと思って
今回記事にしました^^



ただ、始めに言っておくと僕自身「ねずみ講」と貶されることの多い
MLMというビジネス自体に否定的というわけではありません。



僕は父の会社の製品大好きでしたし、健康の維持のためには
ちょうどよく愛用もしていました。


別にビジネスやろうと思っていたわけではありませんが、
いい商品だったので人に紹介したりも普通にしましたね。


MLMに参加はしていませんでしたが、
MLM的な活動はそれなりにやってきたわけです。


そんな中で自分が紹介した商品を気に入ってくれて喜んでくれるのを
見るのは嬉しかったですし、「MLMに参加してお金にしても良かったな~」
と今でも思わなくは無いのですが、

やっぱり「お金を稼ぐ」という視点で見るとどうしても
アフィリエイトなどのビジネスに比べて弱い部分を感じてしまうんですね。


そんなわけで今回の記事では

「アフィリエイトの方が稼ぎやすいと思ってしまった
ネットワークビジネスの裏世界」


について書いていこうと思います。


MLMで月収100万稼いでいた人が、なぜ辞めてしまったのか



PAK86_ashiatobiz15191628_TP_V.jpg


「不労所得」

MLMをやっている人はこの言葉の意味が分かると思います。
読んで字のごとく働かないで得るお金のことです。


投資関係でも言われますけど、
MLMを中心によく使われる言葉ですね。


父も「お金目的で参加する人は大抵『不労所得』が目的だった」
と言っていました。


働かなくってもお金が入ってくるのであれば働かなくても良くなるので、
人によっては非常に魅力的に見えますよね。



ところがある日、父の経営していた会社で一人の会員が退会しました。


「参加したけどダウンが全然できなくて苦しい」
という理由ならありがちなんですが、
その人は月収にして100万円近くを不労所得で貰っていたのです。



そのレベルの人がいきなり辞めてしまっては
その人のダウンに大変な混乱が起きてしまうため、
引き止め目的で父はその人に会いに行ったのです。


会いに行った先で言われのは、


「もう疲れました」


という言葉でした。


理由は人間関係でした。


その人はコンビニの店長で、夫婦でコンビニをやっていましたが、
それだけでは収入が心もとなくMLMを始めたのです。


その人はMLMに取り組んで、
本当に一生懸命頑張って月収100万円レベルにまで
到達しました。



その時にコンビニも引き払って不労所得で完全に生活できるように
なったはずでした。


しかし、それを維持するのに疲れてしまったそうなのです。


ダウンを啓発するためにセミナーを開いたり、
落ち込んで挫けそうな人の相談に乗ったり、
週一回のウェブセミナーもやって、活発に活動していたそうですが、


人間関係のトラブルも多く、ダウンの数が多くなればなるほど
問題も増えてきて大きなストレスを抱え込んでしまったのです。


結局、父の努力虚しく100万円の不労所得を
持っていたその人は退会していきました。


そして危惧したとおりにその人のダウンに付いていた
人達が末端のメンバーを中心にかなりの数が辞めていったそうです。



その結果、中間にいた人達の収入も激減することになります。


MLMのビジネスモデル上逃れられない

「ダウンが出来ても辞めれば収入が減る」

という問題があったからです。


年収数億円クラスの超トップになっても逃れられない宿命



multi-tasking-2840792_1280.jpg



実はこれは全体のレベルの中で中層以下にいる人達だけに
起こる問題ではなく、超トップでも同じ問題が起こっているのです。



父が勤めていた当時、本社で行われる会議の議題で定番だったのが

「新規顧客が定着しない」

という内容の問題でした。


ちなみにその会議に参加する人の中には自家用ジェット機を
所有するレベルの超トップレベルの人達も参加します。


そのレベルに到達したからと言って、

「ダウンが出来ても辞めていく」

という問題からは逃れられないのです。


そしてダウンが辞めてしまう勢いに歯止めをかけようと、
父を含めた経営陣を巻き込んで、大規模なカンファレンス、
世界ツアーやセミナー、勉強会などが頻繁に開催されました。


その時期の父は朝早く出勤して夜11時過ぎに
帰ってくるという生活が続いていたのを憶えています。


恐らく事の中心である超トップ層の人達も
同じような状況だったのだと思われます。


それでうまく行けば良かったんですが
ここで足を引っ張ったのが人間関係の問題でした。


超トップ層にもなると会社の経営にも口を出せるようになります。
円満であれば問題ないんですが、超トップ層の人が
父の会社のオーナーと不仲だったのです。



超トップ層は自分のダウンを扇動し、
オーナーは社員とその繋がりのダウンを扇動して、


MLMのグループだけではなく会社内でも
二極化された対立が起こったのです。



それは結局父が退職してからも変わることはありませんでした。


この辺の生々しい人間関係を「人それぞれだよね」で
流せれば良いのですが、ネットワークビジネスの世界では
それが本当に難しいのです。


流石に最上層部の対立は社員や中間以下のダウンには
知られていなかったようですが、

顕在化するほどの大問題に発展した場合、大事になって
愛着の薄い末端の人達から辞めていくことになります。


MLMの弱点としてこうした人間関係の問題もありますし、
何より自分の収入の柱が上層部の都合で簡単に
不安定になったり折れたりするリスクがあることなんですね。



今となっては想像するしかありませんが、
そのような部分も含めて先程話した人は

「もう疲れました」

と言ったのだと思います。


父を見ていてもひしひしと感じましたが、
その時の父はかなり精神的に消耗していて半分鬱状態でした。


経営側ですらそうなのであれば、実際に参加している側の
精神的な消耗具合は推して図るしかありません。


そんな裏事情が兄を含めた他社の人に聞いてみても、
やっぱり同じようなものなんですよね。


そういう裏側の話を知っているというのもあって、

「ネットワークビジネスは人間力などの相性で成功がモロに左右されるビジネス」

と思って僕自身積極的に参加することには
ならなかったわけです。



ネットワークビジネスとアフィリエイトを収益性で比較してみる



achievement-18134_1280.jpg


ここまでの内容でもネットワークビジネスがお金を稼ぐ上では
かなり不安定なものだというのがお分かりいただけたかと思いますが、
ネットワークビジネスが稼ぐことに向かない理由はもう一つあります。


それは収益性です。


アフィリエイトでは金額の50%や70%が報酬として
得られるものも多いですが、

父の会社では直ダウンを作っても売上の10%に満たない報酬額でしたし、
ダウンが何千人もいる人でも20%に届かない報酬額しか無かったのです。


他の会社でも大きく変わるものではありませんよね。


しかもダウンが、会社が要求している数の商品を買わなければ
報酬は発生しないのです。



そのため、製品をダウンに買わせ続けるための努力を
絶え間なくしなければいけませんでした。


1万円売れたとしても1000円以下、死ぬほど努力してダウンを作って
トップクラスになっても2000円以下の報酬しかはいらないのです。


それでもダウンが大きくなればある程度の収入は入りますが、
グループを大きくするためには

「自分のダウンがダウンを作ることに成功する」

ことが必須条件になります。


となると、トップは自分のダウンがダウンを作れるように
コンサルやサポート、あるいはセミナーを無料でやる必要があります。



例えば100時間ダウンのサポートをしてそれでもダウンが出来なければ、
ビジネスとしては100時間のタダ働きをしたのと同じことになってしまいます。



で、それだけやってもできなかったダウンさんは幽霊会員になるか、
稼げないから辞めていくかのどっちかなんですね。


人脈のある人やセールストークの得意な人であれば
ある程度の成功はできるんですが、

ダウンに付く人全員がそういうのが得意かというと
そんなことは普通ありません。



中には他のMLMから丸ごと引っ越ししてきて、

「僕がダウンをつけてあげるからおいで」

って感じで勧誘する人もいたみたいなんですが、

その場合高確率でダウンさんは

「何もせずに不労所得が得られる」

という勘違いをして全くグループが成長しなくなっていたそうです。




これは僕がちょっと関わったことのあるMLMの要素を取り入れた
ビジネスでも似たようなことが起こっていましたね。


最初は主催側が行動しない人達の代わりに頑張っていたんですが、
今ではもう半年くらい音沙汰がありません。


このように、いくら自分が頑張ってもビジネスモデル上、
全員が同じくらい頑張らないと相当に厳しいのが
ネットワークビジネスなんです。


でも全員が同じくらい頑張るのはある程度人生経験を積んだ人であれば
ほとんど不可能だと分かると思います。


特にネットワークビジネスの話を聞けば聞くほど、

「稼ぎたいと思っても行動しない人って世の中に死ぬほどいるんだな」

と気付かされますね。



実際、僕の知り合いで新興のMLMに「出来たばっかりでダウンつけやすい」と
煽られて参加した人がいます。


彼はあまり人と話したり、セールスが得意な人ではなかったので、
「MLMで不労所得を稼ぐ!」と言い出したときには正直心配しました。


そして心配した通りの結果になってしまったのです。


彼は一生懸命やってましたし、決してサボっていたわけではないんですが、
ビジネスの相性の違いがモロに出てしまったんですね。


結局ダウンを一人も作ること無く、不労所得どころか、
ひたすら会費を払い続けるだけの生活になってしまったのでした。


こういう話ってMLMの世界ではザラにあります。


アイディアで勝った人や相性のいい人は稼げますが、
努力すれば誰でも稼げるというわけではないのは、
10年以上MLM会社の重役をしてきた父にもよく聞かされました。



ですが、アフィリエイトなどに代表されるネットビジネスでは
この辺の話は全く異なってきます。


ネットワークビジネスでは

「自分が本気でも自分の影響が関係ない所でビジネスが
成功したり失敗したり最悪崩壊したりするビジネスモデル」

なのですが、ネットビジネスなら、

「成功は全て自分次第でやればやるほど稼げる」

というタイプのビジネスです。



だからMLMにかけるのと同じ努力をするレベルで、
毎日5万円、10万円と振り込まれるようになって、
脱サラや自由になることも視野に入ってくるようになるんですね。



インターネットビジネスやアフィリエイトについて
よくわからないという方はこちらをご覧ください^^

ネットビジネスで月に10万円稼ぐ最初のステップ


アフィリエイトってジャンルに細分化すると再現がなくって、
本当に自分のやりたいことが素直にできるのが魅力ですね^^


一方でたまにインターネットMLMやMLAについての相談も
受けたりしますが、ネットMLMもMLAも本質的な部分では
ネットワークビジネスと同じ問題を抱えています。


インターネットで取り組むのであれば金額的にも精神的にも
アフィリエイトをやるほうが断然稼ぎやすいです。



ネットビジネスがなぜそんなに結果が出やすいのかについて、
以下の記事でも解説していますので是非参考にしてみて下さい。


参考:ネットビジネスで自分が働かなくてもお金が入ってくる理由



といわけで参考になれば幸いです。


マイケルでした!


P.S
ネットビジネスの疑問や質問、その他なんでもお気軽にどうぞ^^


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

白石達也 イロアス IROASが大人気だけどオススメしない理由 ヒーローズ・ジャーニー 実体験 MLM 評判 口コミ レビュー




マイケルです!


イロアスというMLM、マルチレベルマーケティングの案件を
聞いたことがあるでしょうか?


これは過去に白石達也氏のヒーローズ・ジャーニーとして紹介されていたものです。
中身は変わらず、焼き直しというかリニューアルしたものですね。


ビジネスよりも「教育革命」に力を入れています。



非常に人気があり、説明会ではヒーローズ・ジャーニーの時点で
満員御礼回が続出しました。


しかし、僕はオススメしません。


もちろん理由があります。


この案件自体真っ当なものですし、
教育革命という言葉には確かに共感できます。

(日本の大学はノウハウの割に学費高すぎますしね)


しかし、ビジネスはお金を稼ぐというのは
教育だけで成り立つものではありません。


概要を見ていこうと思います。


白石達也 イロアス IROAS 概要 レビュー



IROAS.png
(引用:運営会社のURL:https://www.alchemation.site/product)


説明会のページはこれです。

説明会画像
(引用:説明会サイト:http://s3.iroas.jp/session-main/



さて、イロアス、つまりヒーローズ・ジャーニーですが、
ネットで検索すると非常に色々なものが見つかります。


主に主催者の白石達也氏の前案件である
ランドオブハンモックYoutuberに関してです。


参考:ランドオブハンモックYoutubetが初月100万稼げる裏側



そのやり方が法的に微妙で
非難されていて、だから白石氏が次に出すMLM案件も
法的に微妙なリスクがある・・・・・・という話でした。



しかし、その辺については公式サイトで

「本質を全く理解していない」

と反論されていましたね。


僕個人の意見としてはやり口はともかく、
初月で100万円を稼げる仕組みを作った白石氏は
本当に凄いと思いますし、

なによりセールスレターがその気のない人を
その気にさせてしまうほど神がかっています。


その辺を踏まえても主催側である白石氏の実力には疑いはありませんし、
詐欺だ何だというのは的はずれでしょう。


ただ、ターゲットとしていたのが明らかに情報弱者だったのと、
情報弱者がさらに情報弱者を搾取するというループの構図ができあがっていたのは
ひどい話だとは思いましたけどね。




で、今回のイロアス(旧ヒーローズ・ジャーニー)ですが、
今回も情報弱者をターゲットにしていると思われますが、
その根本が違います。


やっていることは教育革命であり、世界のトップレベルの人間から
ビジネス教育を受けることができます。


正直日本でこのレベルの教育を受けられる場所は存在しません。


講師の一人である溝江先生の英語講座は
僕も過去に受講したことがあり、大変参考になりました。



「上流階級の情報を教える」というなんちゃって
コミュニティではないということはそれだけでもよく分かるところです。




ところでMLMはネット集客が法的には
できないということをご存知でしょうか?


イロアスではその辺りの法律もうまい具合にかいくぐって、
MLMのネット集客を可能にしています。


それだけでも、相当にレベルの高いことをやっていますね。
なんでMLAにしなかったのかは分かりませんが。



とりあえず、イロアスのコンテンツそのものは詐欺とは呼べませんし、
僕は溝江先生のものだけまともに受けましたが、それでもお金を払うに足る
コンテンツでした。



大学の学費に比べて遥かに安いというのは
紛れもない事実でしょう。



さて、ここまでべた褒めしてきましたが、
それでもオススメできない理由があります。



僕のブログを訪れてくれたあなたは少なくとも
稼ぎたいと思っている人だと思います。


先に言ってしまうと僕はイロアスを

「稼げる人が更に稼げるようになる案件」

だと結論付けます。


僕の近しい人でイロアスに所属している人がいます。
会うたび色々お話されるので嫌でも頭に入ってきますね(笑)


その上で感じるのは、イロアスを学んだ所で
稼げるようにはならないということです。




ユダヤ人のマネーリテラシーや、
コカコーラの色に隠された心理的仕込み、
溝江先生の講座で言えばどのようにして多言語脳を築くか、




学問としてはあらゆる大学のトップクラスの教授を集める
レベルのものではあるんですが、初心者にとっては意味をなしません。


そのような話はビジネスの実践の中で自分自身のビジネスノウハウが
できた上ではじめて役に立つものだからです。



今でこそ僕は自分のビジネスノウハウというフィルターを通して
いろんなものを見ることができますので、
日常生活やテレビ番組からでもビジネスのヒントを汲み出せます。


しかし、ビジネス初心者が僕と同じことをするのは難しいでしょう。
自分自身の実践という土台がないからその上に何も積み上げられないからです。




つまりはレベルが高すぎるということです。

ネットビジネスで10万以上稼いでいる人であれば
非常に価値あるノウハウを得られると思いますが、

ビジネスにこれから取り組もうと思っている人にとっては
“感動的な意味のないノウハウ”になってしまう可能性が非常に高いです。




ちなみにイロアスで初心者から成功した話をいくつか聞きましたが、
その誰しもが並外れた行動力を持っていて、

マインドもしっかりしていて極端な話、正しいノウハウであれば
何をやっても成功できそうな人達でしたね。



毎週チームごとの定例会があり、
イベントでは成功者の話を聞いたりとそのようなことをやっていますが、


少なくとも僕の知り合いは一円も稼げていませんし、
そのような人達は多いと思います。



MLMというビジネスモデル自体に成功者や上位者を
神格化する傾向があり、ある種の宗教になっていますね。




僕も何度か「自分のビジネスを持ってその上でイロアスに取り組んだほうが良い」
とアドバイスしましたが、全く聞いてくれませんでした(笑)


全くの初心者が取り組んでもマインドが
出来上がっていなければダメですし、

参加時点である程度のセンスがなければMLMでの成功も
見込めないでしょうね。


あるネットビジネスの大御所も言っていますが、
MLMにかぎらず会員制ビジネスというのは
8割が幽霊会員で成り立っています。


イロアスは初期費用の他に月額課金もありますので、

「口座残高がいつの間にか減っている・・・」

という養分な状態にならないだけの強い意志を持っていなければ
入っても損するだけでしょうね。


白石達也 イロアス IROAS まとめ




というわけで、ネットビジネスで少しでも稼いだことのある人であれば
良いんですが、全くの初心者にはオススメできません。



そもそもイロアスに限らずMLM自体が向き不向きのあるビジネスなので、
自分は社交的でないと感じる人はやめたほうが良いですね。


白石氏にかぎらず、講師はマーケティングのプロなので
そもそも養分になっているとすら感じられない可能性もあります。




今回の話はなまじコンテンツが優良なだけに
難しい話になってしまったかもしれません。


より単純な話をすると、初心者がイロアスに参加すると

インプットはできるけどアウトプット先がない

そんな状態になります。


つまり、学んだことを活かす先のビジネスが無いということです。
新しく自分で始めれば良いんですが、知人を見ている限り
それだけのタフネスがある人は多くないでしょうね。



まず最初に自分のビジネスを持つこと、
それで稼げるようになってからであれば、分野によっては
濃い集客媒体もありますし、参加する価値はあると思います^^



というわけで参考になれば幸いです。


以下の記事も参考にしてみて下さい。

ネットビジネスで10万円稼ぐには?



マイケルでした!



P.S

自分のビジネスを持ちたい方はこちらからどうぞ

マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

高額塾のセールスマン 兼 講師にブチギレられた件について パート2

YKPAKU7073_TP_V.jpg



マイケルです!




パート1に目を通して頂いてありがとうございます。


僕が現在稼いでいる背景にはこんな出来事もあったんだな~
と思っていただければと思います。


パート1を読まれてない方はこちらからどうぞ^^


マイケルが高額塾の講師にブチギレられたストーリー




さて、前回最後に「罪のセールス」という言葉が出てきました。


それが何なのかをパート2でお話していこうと思います。




あなたを洗脳する悪魔的な罪のセールスとは?






さて、セールスマンと言えばニコニコして何を言われても
笑顔を崩さないそんなイメージが有ると思います。


ですが、この「罪のセールス」を行う人間も少なからず
存在しています。



僕の感覚ですが、エリートになればなるほど多いですね。
僕が今まで見てきた中でこの手のセールスをしてくる人達が
みんな銀行員とかのエリートだったってだけですけどね。



このセールスは読んで字のごとく、相手に罪の意識を植え付ける
セールスです。



僕のケースでは「相手に失礼なことを言って怒らせてしまった」
というのがこれに当たります。


講師になれるという前提から、100万円稼ぐのなんか簡単だ
という風に相手が繋げたわけです。



相手の努力をバカにしたとも遠回しに言えるかもしれません。



まぁ当然ですがこれはいいがかかりです。
少なくとも当時の僕は「万一講師になっても出来ない理由」
を説明しただけであって、講師に簡単になれるとは一言も
言っていないからです。



ただこの辺りは身構えていないと簡単に
絡め取られてしまいます。




とりわけ日本人は申し訳ないという気持ちが先に立ちがちです。
相手が不機嫌になると「自分は何かしてしまったのだろうか」
という気持ちに自然となってしまいます。


そしてこれに追い打ちをかけるように言われた言葉が
「ビデオランク」です。




一般にはほとんど知られておらず、Youtubeを
実践しはじめた初心者にとっては聞き慣れない
言葉かもしれません。


ですが、ノウハウとしては初歩の初歩であり、
僕が紹介しているYoutube商材にも
ノウハウそのものはしっかりのっています。




でも聞きなれない言葉を使うことで、
相手に実は基礎も分かっていないと思わせる
効果があり、より相手の上位に立つことができます。


そして決して相手に主導権を握らせません。
何か言おうとしたら口調を強くしてすぐに
黙らせてきますよ。



そして聞き手は無意識的に「この人の話を聞かなきゃいけない」
と思っていきます。


こうなったらもうまな板の上の鯛ですね。
一方的に相手を洗脳できてしまいます。



言葉や広告系ですと最近見かけたのが


「日本人は近い将来奴隷になってアジアに出稼ぎにいく」


とかですね。



相手が知らないという事実に衝撃を受ければ受けるほど
コントロールは容易いのです。



実は高額塾のセールスレターでもこの罪のセールスの
手法は頻繁にあらわれます。


書くと言うほどの威力はないんですけど、
それでも有効であることにはかわりありません。


気付かない内に少しずつ少しずつ
罪の意識を植え付けられて・・・・・
気づけば買ってしまっているという寸法です。




しかし、こうした方法で高額塾に入った人間が
稼げる可能性ですが、まったくないと言っていいです。


なぜならこの方法で入ってくる人間は商品の善し悪しよりも

「自分はここに入らなきゃダメだ」

という意識で入ってくることがほとんどだからです。
つまりは依存状態にあるわけです。



物であれば「なんだかんだ買ってよかった」という事が
ありえますが、高額塾はそういう類の商品ではありませんし、


自分自身のやる気と実践が伴わないと稼げないのは
例え優良な塾であっても同じです。




優良な塾であればそうした方法で集客された人間が
稼げないことは分かっているのであまりそんな方法は
使いません。


頻繁に使うのは人が金に見えている高額塾です。



あなたの思考を誘導するもう一つの要素




実践者1、講師1の構図というのは
最近は特にマルチ系、またはその派生系で
よく見られるようになりました。





実践者だけだとどうしても大胆な行動を
取れなかったりするので、講師がその辺を
サポートする形です。


よくある理由として、話を聞く約束を取り付けた後、

「自分だけだと過不足無く話せないから講師(上位の人)と一緒でもいい?」

と聞くパターンです。


既に聞く約束を作ってしまっているので、
非常に断りにくいですね。


そして2対1という圧力と、セールスマンの
巧みなテクニックであなたの思考が誘導されていきます。



人間は当然のことながら人数が多いほうの意見を
本当だと思う傾向があるのは心理学的にも証明されています。


某宗教団体の勧誘で、ファミレスなどに連れ込み、
聞き手を挟むようにして座り、複数人で勧誘するという
悪質な方法が問題になったことがありますが、
これも形が違うだけで本質は全く同じです。


特に日本人は「みんなやってる」に弱いですから、
多人数で押しかけるのは効果があります。



高額塾でよくある実践者の声というのもそれですね。
もっとも、こちらは捏造なことが多いですけど^^;



僕はこの組み合わせが来たときには
基本的に一切感情を出さず、のらりくらりと
ひたすらかわし続けることにしていますね。



まとめ






少し難しかったらすみません。
ですが、これらについて知っていれば、
いくらかでも対策は立てられますし、
被害に合う可能性も軽減できます。


こうした人間の心の動きや、脳の働きを突き詰めたセールスは、
研究や実戦データが貯まるに連れてより巧妙になってきています。


二人で相手に詰め寄り、
優しいセールスで買う人は買ってもらい、
買わない人は罪のセールスで買わせる。



こうして社会で生きている以上完全に
避けることはできませんから、覚えておいて下さい。


買わないとまるで不幸な人生が待っているように感じるものを買ってはいけません



慣れてくると、ちゃんとこうしたセールスにも
対抗できるようになりますよ^^


あとセールス系をやっている方はこの方法を
悪用したりはしないでくださいねw



以下の記事も参考にしてみて下さい。

〇〇万円を高額塾に突っ込んだ“特一級”ノウハウコレクターが語る高額塾の裏側


ネットビジネスは詐欺で10万円も稼げないのか?







マイケルでした!



P.S

当然のことながら、稼げていることと、
教えることが出来ることは全く違います。


特に忍耐力が求められる講師や教師という立場で、
簡単にブチギレるというのは論外です。


どれだけ稼げていても教える能力の無い人に
着いたら稼げるようには絶対になりません。


僕が紹介しているアフィリエイターの方は
そのあたりは全く問題のない人たちです。
皆さん非常に丁寧に相談に乗ってくれますよ^^


マイケルがオススメする優良情報商材&アフィリエイター
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



僕の方に相談してくれても構いません。


ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
購入すべき商材の相談等も受け付けております。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!
 



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)






高額塾のセールスマン 兼 講師にブチギレられた件について





マイケルです!





最近MLM(マルチレベルマーケティング)を勧められました。


そこで使われていた手法にひっっっっっじょうに!!!!!
心当たりがありました。



「入るつもりのなかった高額塾に入ってしまった・・・・」


そういう人にはこのパターンが多いんじゃないかなと思います。



実は僕も稼げなかった時は、正真正銘全財産を使って
高額塾に入ろうとしていた時もありました。


そこでようやく稼げそうな案件を見つけて、
話を聞いたところ、唐突に話していた講師の方(実質セールスマン)
がまさかのブチギレ。


危うく買いそうになってしまいました。


幸い僕には止めてくれた人がいましたが僕一人だったら、
買ってしまっていたかもしれません。


ブチギレられたのに買いたくなったって分けわかんないですか?


でしたらぜひこの先をどうぞ。
多分心当たりのある方もいると思います。



高額塾のセールスマン 兼 講師にブチギレられたストーリー



YKPAKU7073_TP_V.jpg


僕は稼げていませんでした。


仕事が嫌で嫌でしょうがなくって、勢いで辞めました。


親は退職してニートになるという選択肢は無かったです。


その辺の僕のプロフールに関してはこちらをどうぞ

マイケルの自己紹介



無料でも稼げるとの話を聞いて、
始めにトレンドブログに手を出しました。


アドセンス取れなくって辞めました。



ネットビジネス業界について勉強するの中で、
だんだん「環境が大事」だと分かってきました。


今思えばそれは初心者の僕にとっては刷り込みだったんですが、
当時は本当にそれが大事だと思っていましたね。



そして僕の稼げる高額塾探しが始まります。



Youtube関係を並行して探していましたが、
商材を買うも全く役に立たずアドセンスすら取れない
状況が続きましたね~^^;



ところがある時フェイスブックを眺めていて、こんな文字が目に止まりました。


「完全ノーリスクで月収10万円増やしませんか?
興味のある人はLINEまで!」



実は今でもよく見る言葉ですが、月収の部分が5万だったり、
10万だったり、20万だったりします。


現在でも盛んに販売されているこの高額塾については
後日お話するとして・・・・・・



僕は迷わずLINEに登録しました。お話をするだけなら
無料ですからね^^;この人をSさんとします。


そして次の週の水曜日の夜7時にSさんとお話することが決まります。


しかし水曜日を待たずにSさんからメッセージが来ました。


「すみません。僕だけだと十分説明できないかもしれないので、
講師の方にもお話してもらおうと思うんですけどいいですか?」



僕は二つ返事でOKしました。だって講師ですよ?
高額塾で実際に教えている人から無料でノウハウを聞ける
のはもの凄いチャンスだと思いました。


今思えばコレが罠だったんです。


実際の日が来ました。Sさんと講師のMさんを交えて
お話しました。


Mさん「マイケルさん凄い落ち着いてますね~相当修羅場潜ってきてるでしょ?」

僕「いや~そろほどでも~(ブラック営業だったからある意味修羅場)」

Mさん「いやいやマイケルさんはマジ本物ですよ!そもそもこの場所にたどり着いてるって時点でリサーチ能力ハンパないですからね~!!」



気さくな感じで僕をアゲアゲしてくれる講師の方に
すっかり調子に乗っていく僕。
そこでソフトな売り込みがやってきました。


Mさん「この塾は35万なんですけど、自己アフィリ20円分ありますし、ぶっちゃけこの手法だと誰でも稼げるんで15万くらいなら余裕でいけますよ。

僕は一週間で20万稼ぎましたからね。それに塾そのものを売れば14万入ってくるんで、自己アフィリと塾を一回売ればほとんど元取れちゃいますね~」


35万円


躊躇しましたが、そのノウハウは確かに稼げる可能性が
高いものだったので、買おうかどうか本気で迷いました。


Mさん「ただ月収100万を達成した人は講師として後進に教えてもらうという条件があるんですが~」


講師という言葉に僕の心は急速に冷めていきます。
というのも僕は自由が欲しくって会社を辞めて、
お金が欲しくってビジネスを探しているからです。


講師になって他の人を教えるためにアチコチ飛び回る立場では、
正直なところ就職とあんまり変わりません。


それに僕には海外留学という夢もあったので、
いろいろ理由をつけて自分が講師にはなれないこと、
だから塾には入れないことを伝えました。


彼らは黙って聞いていましたが、唐突に

Mさん「ハァ・・・マジムカつくんだけど」

僕「えっ?」

Mさん「講師なるのはさぁ、3ヶ月で月収100万達成した人だけなんだよ。何お前簡単になれるみたいに言ってくれてんの?」

Mさん「それにさぁ、お前今全然稼げてないんでしょ?なのに月収100万なんて簡単だとか思っちゃってんの?」


この時点で相手のあまりの豹変ぶりに
完全に頭が真っ白になって相手のペースに
飲まれていきます。


Mさん「大体お前はYoutubeやるって言ってるけどさ、じゃあ聞くけどビデオランクって知ってる?」

僕「え、し、知らないです・・・・」

Mさん「あっ、ダメだこりゃwwwww話になんねぇwwwwビデオランク知らないのにYoutubeで稼ぐとか絶対無理ですよww」


―――――――――――――――――――――――――――――――――
ちなみにビデオランクというのはYoutubeにいい動画だと
判断されると検索上位に表示される仕組みです。


ビデオポイントというのを獲得していくとビデオランクが上がります。
このビデオポイントについて優良なYoutube商材はほぼ必ず解説していますが、
「ビデオランク」や「ビデオポイント」という言葉が使われている
商材はほとんど見ません。



ただ僕が紹介している商材にはノウハウそのものは
キチンと書かれていますのであまり気にする必要はないですね^^
―――――――――――――――――――――――――――――――――

僕はYoutubeの商材を買ってもビデオランクという
言葉に聞き覚えがなかったので、実は自分が超基本的な
部分を忘れているのではないかとさらにうろたえ始めました。


Mさん「僕らの塾にはYoutubeで何百万も稼いでいる人もいますよ。そんで僕は60万の商材を無料で手に入れる方法知ってますけどあなたには教えません」

僕「あ、は、はぁ・・・・」

Mさん「もういいですかね」

Sさん「あ、今は180人くらい入塾してますけど200人揃った時点で打ち切るそうなので、早くした方がいいですよ。クレジットカードなら即日発行できるところもありますし」



定番の文句を決められてお話は終わりました。


完全にMさんとSさんにペースを持って行かれ、
心をグサグサ貫かれた僕は

「この塾に入らなきゃ自分はダメだ」

と思い始めていました。


幸い入ることはありませんでしたが、
この経験は苦い思い出として今でも
ハッキリ覚えています。



さて、NOと言ったらキレられて、散々バカにされても
自分は塾に入らなければいけない気持ちにさせられていました。




実は通常の訪問販売や、セールスマン、
流石に店頭販売ではあまりありませんが、
MLMなどでもこの実践者1、講師1の
構図は多く見受けられます。



一体コレが何なのか・・・・・


買わざるを得ない「罪のセールス」とは何なのか・・・・


パート2でお話しようと思います。


パート2を投稿しました^^

あなたを洗脳する悪魔的罪のセールスとは?



それではマイケルでした!!



Copyright © 社畜を辞めた映画監督の副業ネットビジネス・レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます