この記事がhttps://kirakira-life.workに掲載されている場合、http://jmichaeltz.jp/の記事を無断転載しているものになります。恐れ入りますが、http://jmichaeltz.jp/までアクセス願います。


マイケルです。


最近アクセス履歴を見ていると
極端にアクセスの伸びが悪かったり、
新規記事を書いてもアクセスが少なかったりしていました。


「Googleのアルゴリズムが変わったのかな?」

と思っていたんですが、実際はもっと悪い状況だったんです。


キーワードで検索をかけてみても自分の記事が出ず、
検索結果のページを何ページめくっても自分の記事が出てこない。


流石にこれはおかしい


そう思って調べていくとありました。

Slash BAD-information
https://kirakira-life.work



僕のブログの記事が当該ブログにコピーされていて、
検索上位から弾き出されていたんです。

自分で作っている(そう信じたい)コンテンツもあり、
純粋なパクリブログとは言えないんですが、気分は良くないですね。


いつの間にか許可したのかと思ってお問い合わせフォームや
メール返信履歴をチェックしましたが見つからず。

無断転載ということが確定した次第です。


まぁ引用したり、抜粋したりする場合は特に文句は無いんですが、
今回は記事全文が掲載されており、申し訳程度にソースが書いてあるだけ。

例えばこちらの記事。

こちらが僕の記事です。
キャプチャ1

(http://jmichaeltz.jp/blog-entry-226.html)

こちらが全文転載された記事です。
キャプチャ2
(https://kirakira-life.work/luckey/?p=3376)

実際に見てもらえればわかりますが、
100%一致していて明らかに引用の範囲じゃないです(笑)


こんな感じで20記事ちょっと引用(笑)されてました。


早めに気づけてよかったなと思います。
オリジナル書いた側がGoogleからパクリ認定とか冗談じゃないですからね。


「ただクレーム入れればいいんじゃないの?」

実を言うと僕もクレームを入れようかなと思ったんです。


誰しも著作物やネット上の情報に対する意識が高いわけじゃないし、
間違いは誰にでもあるからです。


しかし、伝えようにもコンタクトフォームもメルマガもない。


コメント欄だけはありましたが、
書いたところで無視されればそれまでです。

ブログ管理人のプロフィールもなし。

過去、ブログ界隈でちょっと騒がれた
パクリブログの作り方に酷似していました。



しかも僕の記事は全て(推薦レビューもノウハウも)

「もう騙されへんで【詐欺商材撲滅】」

のタグに入ってしまっていて、
ブランドに対してダメージが来る可能性が非常に高い。

「ああこれを書いてるマイケルってやつは詐欺師なんだな」

って思う人がいると思うんです。


なので、何をしたのかは詳しくいいませんが、
相応の措置を取らせていただきました。



ただ、今回は僕のブログのアクセスに被害が出ていたので
こんな事になってしまいましたが、
発想自体は面白いと思うんですよね。


記事全文パクられても「頭いいな」と感じた部分



当該サイトは詐欺商材レビューのまとめサイトという立ち位置なので、
様々な記事が雑多に入り乱れてブランディングどころではありません。


なので、キャッシュポイントは基本的に無料オファー。

メールアドレスの登録さえあれば
お金が入ってくるものが使われていました。


何百万円稼げるようなブログではありませんが、
完全放置でどんどん記事が更新されていく事を考えると、
かなりお得感はありますね。

放置しても勝手に集客してくれて、
勝手にお金が入ってくるんですから。



似たような仕組みを持つ教材にフェニックスがありますが、
今回のブログはかなり上手に集客から商材までかなり上手に作っていますね。

参考:フェニックスは全自動集金システムか?


タグ管理は雑でしたが、記事はRSSで自動更新され、
ワードプレスブログでSEOにも強い。


「全体的なブログデザインが上手い」というのが僕の印象でした。


自分で働かず、外注も雇わずに、自動で集客して
自動で収入を上げる仕組みを最短ルートで作ったんですから
モラル、法律抜きにしたら本当に凄いことです。



一方で、これはやっちゃダメだろという部分もありました。


ビジネスでやってはいけないこと。「自分さえ稼げればいい」はNG



ビジネスでお金が発生する理由は

1. 価値を提供する
2. 価値に対して対価としてお金を払う


この2つが成り立っているからです。


つまり、誰かを幸せにし、幸せにしてもらった対価として
誰かがお金を払います。その結果、儲かります。


この時、「自分さえ稼げればいい」という考えだと、
誰かに多大な迷惑や違法行為を行ってしまうこともある。



詐欺も基本的に「自分さえ稼げればいい」という考えのもとで行われるので、
「自分さえ稼げれば良いビジネス」は詐欺スレスレになったりするケースも。



ビジネスをやる人間はこの辺の線引きはキッチリやる必要がありますね。


恥ずかしい話で、僕も以前「自分にお金が入ってくればいい」
という考え方でビジネスをしていたことがあります。

その結果、転売で買った商品が実は壊れていて返品されてきたり、
Youtubeにあげたクソ動画に散々な評価とコメントがついたこともありました。


僕は割と繊細な性格なのでそれには酷く傷ついて

「なんで俺ばっかりこんな目に・・・」

と一人で恨み言を言ったことも実はあります(笑)


しかし、ビジネスで最も重要な価値を提供していなかった。
価値を提供するという意識を持たずに、ビジネスをしていた。


それが稼げない最大の原因だったと気付かされた苦い経験でした。


まぁ要するになにが言いたいかと言うと、

「他人の価値をまとめて新たな価値を創造するのではなく、
ただ、他人の価値を奪って自分の価値にして稼ごうとするのは
ビジネスとして如何なものか」


ということです。


今回に関しては僕の方に露骨に被害が出た期間が短かったので
割と小さめの処置にとどめたんですが、

複数のサイトから引用()をしているみたいなんで
今後当該サイトがどんな風に扱われていくのかは追ってみようと思います。


では、マイケルでした!


P.S


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るための稼ぎ方、
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)