マイケルです!


今回けっこう頭を使う案件が出てきました。


吉田慎也氏の


マイニングシェアバンク


です。


ビジネスモデルは仮想通貨投資。
それも、ただの仮想通貨投資ではなく、
クラウドマイニングという方法を用いた仮想通貨投資です。


いわゆる「誰でも出来る」系で打ち出されてきた本案件ですが、
ちょっと気になる部分もありますので、内容を見ていきましょう。



吉田慎也 マイニングシェアバンク 概要 検証 レビュー



今回の入り口はこちら

oputoinmaining.png



LINEのみの登録となっております。
LINEを登録するとこちらを見られるようになります。

LP入り口


登録すると見られる動画がこちら



入り口


ビジネスモデルはクラウドマイニングを用いた仮想通貨投資です。


といっても、仮想通貨の価値の上がり下がりを利用して
利益を生み出すタイプの投資ではなく、0円でコインを購入して
それを売りに出すというシステムのようです。


こちらLPでも言われていますが、ビットコインの総量は
2100万コインと決められています。


そして現状出回っているビットコインが1600万コイン程、
残りの500万コインがまだ市場に出回っていないようです。


今回の「マイニング」というのは、この出回っていないコインを
掘り当てるがごとく手にするためにこのように言われているということです。


・・・・・・・・・・・と言われていますが、ぶっちゃけ分かりにくいですよね^^;



更に簡単に言いましょう。


ビットコインは一定期間ごとに取引記録を取引台帳に追記します。
この取引台帳への記録は非常に膨大なコンピューターのパワーが必要で、


有志にそのコンピューターのパワーを貸してもらうことでその計算を行い、
その貸してくれたお礼としてビットコインが支払われます。



このときのビットコインは新規に発行されるもので、
既に出回っているものではないということですね。


ここで新規に発行されるビットコインを獲得すること、
これがマイニングです。



それでも分からなかったら銀行にあなたのノートパソコンを貸したら、
ピン札で一万円がお礼として返ってくるイメージでいいと思います^^;



これが仮想通貨を生み出す側に回るという意味になります。
この方法であれば、確かに投資に勝った、負けたという話ではなくなりますね。



ただ、ここで注意が必要です。


このマイニングですが、どのくらいのパソコンパワーを
貸してあげれば良いのかが最も問題になってきます。




そこで、今回吉田氏がオファーしているのがクラウドマイニングというもの。
これは吉田氏が持つパソコンパワーを使ってマイニングを行うというものです。


そこで出てくるのがGPUという部品。


今回パソコンのお話が出てきます。
わかりにくかったらこちらを参考にして下さい。


参考:ネットビジネスでのパソコンの選び方講座



パソコンを知らない人にとってはナンノコッチャですが、
GPU=グラフィックス プロセッシング ユニット といって、
動画内で言われているように元々ゲームなどの処理を行うためのパーツです。


しかし、最近のGPUはメインの処理を行う
CPUよりも高性能になったりしてますね。


プレステ3が出た時にどっかの大学教授が研究のパソコン資源として
大量にプレステ3を買っていたのを思い出しますw


品薄になっているという話ですが、
パソコンパーツショップに行けば
普通においてありますよ^^;




とはいえ、計算するためのパソコン資源としてGPUが
優秀であることは変わりがないので、吉田氏も嘘はいっていないことになります。


ここで疑問になってくるのが、どのくらいのリソースを提供すれば
どのくらいのビットコインが貰えるのかというところです。




こちらの記事が参考になりますが、
一般家庭のパソコンレベルではお話になりません。

※外部サイトに飛びます。
https://matome.naver.jp/odai/2140863521764223901


で、GPUなんですがこうした映像目的以外で使われるGPUには
TESLAというGPUなんかがありますが一台20万円以上します。



たとえそれを貸し出すとしても24時間全力稼働ともなれば、
あっという間に摩耗してしまいます。
そしたらまた20万円です。


それだけのパーツを貸し出すのに一体いくら必要なんでしょうか?
少なくとも、完全無料で使えるとは考えないほうがいいです。


(ちなみに最近はかなりパワーアップしたものが出てまして60万以上します)



また、もう一つ吉田氏自身の信用の話があります。


Googleで検索してもフェイスブックを検索しても
吉田氏と思われる人物は出てきません。


また、数百人規模のエンジニアラボを経営と言う割には
まったく名前が出てこないのはおかしいです。


エンジニアラボを経営


数百人のエンジニアを抱えているのであれば
出てきて然るべきですからね。


特商法でも提供企業が出てないことから、
本当にこのラボが存在する可能性に疑問が残ります。



また、コメント数に対して再生回数が少なすぎます。

コメント数

視聴数


僕が入ったときの数字です。仮に視聴した人が
全員コメントしたとしてもまだ足りませんよね。


そして動画内で吉田氏が見せてくれた大量のGPUが置いてある会社。

この会社無いですYoutube


こちらの会社ですが、そのまま検索しても出てきませんでした。

このような会社はない


また、検索するとこのような会社が出てきました。

MCCの真実


このMCCという会社のロゴとこちらの画像の中の会社を見比べてみて下さい。
下の「中国二治」と書いてある会社の横のロゴです。


どうやら、似たような名前の違う会社という線は薄そうです。


ちなみにこのMCCという会社はマイニングはマイニングでも
鉱物資源の方のマイニングですので、マイニング違いになります。


その為、吉田氏が肝心の資源となる工場そのものを保有しているかという疑問も
残ってしまうんですが、吉田氏が実際に保有している工場を24時間公開すると
ありますので、そちらに期待したほうが良さそうです。



当然多く貸し出してもらえば多くお金がかかるはずですから、
相応の収益を得ようと思ったら相当な額を払わなければいけない可能性もあります。


吉田慎也 マイニングシェアバンク 検証 まとめ




現状ではちょっときな臭い雰囲気が出ていますが、
手法そのものにウソはなさそうです。



問題となる部分は吉田氏が工場を本当に持っているのかどうか、
そして持っていたとしていくらでそれを貸し出す
つもりなのかという部分になります。


中途半端な性能ではまったくお話になりませんので、
吉田氏が提供することになるGPUの性能も気になります。



一応、特定商取引法の基づく表記にはいつもの

「表現、及び商品に関する注意書き:本商品に示された表現や再現性には個人差があり~」

とあるんですが、GPUのパソコンパワーを提供してその結果として
発行されたばかりのビットコインを受け取るという方法では、
個人差など出るはずがないんです。


出るとしたら回してもらうマシンの差だけです。


そしてそのマシンの差がどのようにして出ていくのかも問題ですので、
今後の情報次第ですね。



正直、飛び飛びで動画内のお話もあまり(少なくとも個人的には)要領を得ませんでしたし、
動画の収録環境も年間3億程稼いでいる人間がやるものとは
とても思えないレベルのものでした。



今後追加情報が出てきましたら、更新しますが

「技術的なことはよく分からんけど凄そう」

で手を出すべきではないとおもいますね。


以下の記事も参考にしてみて下さい。

1000万円を高額塾に突っ込んだ“特一級”ノウハウコレクターが語る高額塾の裏側

ネットビジネスで生活費を稼ぐ方法


マイケルでした!


P.S
高額塾の1/10の値段でも優良な教材はたくさんあります。


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表


今回のお話は技術的でわからないことが沢山あったかもしれません。
GPUなどのお話については質問頂ければ大抵のことにはお応えできます。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)