マイケルです。


以前から追っていた案件の最新情報が
出ましたのでまとめてレビューします。


吉川将大氏の


Fixer Project(フィクサープロジェクト)


です。


仮想通貨の裏の黒幕と称する吉川氏の案件。


かなり大層な人物が出てきたなとは思いますが、
僕自身今回の案件はちょっと微妙だなと感じてます。


というのも、完全に人物の信用依存の案件だからです。

まぁ内容を見ていきましょう。


吉川将大 フィクサープロジェクト(Fixer Project)概要 検証 レビュー


今回の入り口はこちら
全自動

登録するとこちらに来ます。
FXLP.png

登録するとみられる動画がこちら
最新のもの含めて現在2話まで公開。

第一話


第二話


特定商取引法に基づく表示
販売・運営責任者 吉川 将大
所在地 沖縄県那覇市三原1-14-14-603
Eメールアドレス info@fixer-ym.com
URL http://sfclub1.com/
お申し込み方法 販売ページ内の申込フォームよりお申し込みください。
商品代金以外の必要料金 不要


吉川将大のフィクサープロジェクトって他の仮想通貨案件とどう違う?



今回の案件のキモは吉川氏のフィクサーナレッジによって
上がることが100%確定している仮想通貨で儲けようというものです。
(まだ3話目が公開されていないので未確定ですが、
全自動で稼げるものみたいです)



フィクサーという言葉は日本語では
「黒幕」という訳が当てられます。


つまり、仮想通貨業界の黒幕の知識があれば
仮想通貨投資は勝ちの確定した出来レースになる・・・・
ということを今回は言いたいらしいのだが一つ問題が。


これで稼げるかどうかが、完全に吉川氏が本当に
仮想通貨の黒幕かどうかに依存している点です。



吉川氏が仮想通貨の選び方について言っていることは正しい



勘違いしてほしくないのでフォローしておくと
動画内で吉川氏が言っている
仮想通貨を選ぶ基準については正しいです。


・本当に必要にされているのかどうか?
・超一流のエンジニアがいるかどうか?



前半に関しては特に重要で、
最新技術やイノベーションの有無は
仮想通貨の将来的な伸びに大きな影響を与えます。


また、最新情報を得るために
英語を勉強するというのも正しいです。


ホワイトペーパーや仮想通貨の最速情報は
英語でやって来るからです。


この当たりの主張は正しいことを言っていますね。


しかし、その他で見たとき
吉川氏の信用度はどのくらいなのかと言うと・・・・

吉川将大 FXなどの複数の高額塾を出していた人が仮想通貨の黒幕に



吉川氏についてネットを検索すると
今回の案件の他に複数の案件が出てきます。


そのうちの一つがこちら

吉川過去案件


こちらのBelize Life Societyという案件ですが、
去年の3月頃出されたもので、内容はFXの自動売買でした。


で、Yahoo知恵袋に参加した方のコメントがありました。

吉川将大氏のBelize Life Societyと言うFXの自動売買の会員登録を行い、16万位クレジットカードで支払いました。

投資すると月に投資金額の10%から15%設けるツールになっております。
入金して1週間以上経過しておりますが、なにも送られてきません。
送られえ来るのはセミナーの動画と、他の儲け話しで今なら50万を払って頂くと月50万位設けますという勧誘です。
電話をかけても繋がりません。
引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13172341203




単なる手違いだと信じたいですが、
対応がずさんだったみたいです。



1年前FXの自動売買で稼いでいた方が、
実は仮想通貨業界の黒幕だったって変じゃないですかね?


仮想通貨の黒幕で、本当に参加者を億万長者にする気なら
なんで1年前のもっと仮想通貨が騒がれていなかった時期に
やらなかったんだって話です。


吉川氏の信用に疑いが残ります。


フィクサープロジェクトのオファーに捏造あり?



こちらは第一話のLPにあったものですが、
二つの画像を見比べてください。

捏造
捏造2


画面から同じ銀行を使ってる事が分かるのに
金額を表示している数字の太さが違います。



同じ銀行なら同じ太さで表示するはずなので、
これだけで断定は出来ませんが捏造の疑いがあります。


最終的にコミュニティやツールなどの高額案件が
やって来るのではないかと思われますね。


憶測の域を出ませんが、吉川氏の過去案件の
仮想通貨版のものではないかと。


仮想通貨で稼ぐには資金力のない人は仕掛ける側に回るべき



僕のブログに相談しに来る人の中には
投資で借金をしてしまって、返済するために
何かビジネスを検討しているという人も多いです。


投資で作った借金って自己破産ききませんし、
家庭をもっている人なら本当に大変だと思います。


でも、そういう話を聞くたびに

「お金が無いなら仮想通貨を仕掛ける側に回っていればよかったのに」

とも思うんですよ。


今回の案件みたいに仮想通貨の案件をオファーするのが
仕掛ける側の人間で、それに参加する人たちが仕掛けられる側の人間です。


どちらが儲かるかは言わなくても分かると思います。


例えばICOなら、ICOを買う人達よりも、
ICOを紹介して紹介報酬をもらう人たちのほうが儲かります。
(ついでにいうとICOを仕掛けた人たちが一番儲かってます)


ビジネスでも投資でも、仕掛ける側は仕掛けられる側よりも
儲かるというのはある意味不変の原則。



投資だと資金力次第でこの原則が覆ることもありますが、
基本的に資金力のない人がこの原則を覆すことはムリです。


一発逆転は投資ではなくギャンブル



それでも仮想通貨で一発逆転を狙ってしまうのは

「儲かれば億万長者。そうじゃなければ人生終わり」

みたいな追い込まれた状況を作ってしまうから。


そんな状況では必死になりますし、
冷静に考えずに勢いでお金を投じてしまいそうになる。


これってただのギャンブルです。


でも投資では基本的に必死になればなるほど
失敗していきますし、冷静な状態なら詐欺だと分かるものにも
お金を払ってしまうことも珍しくない。


再起不能な状態にまで行ってしまうと
這い上がるのってそれまでの数十倍大変です。


仕掛ける側ってモノにもよりますが
実はノーリスクかローリスクであることが多い。


投資のように資金力に応じた収入ではないので、
お金のない人でも1から稼ぐことができます。


なので、基本的に僕は資金力のない人が仮想通貨をやるなら
仕掛ける側に回るのが良いと思いますね。


 

吉川将大 フィクサープロジェクトは吉川氏の信用が全て 検証 レビュー まとめ



総評としては星2です。


吉川氏が言っている事自体は正しいですし、
納得も共感も出来るんですが、

吉川氏自身の信用に全てがかかっている案件で
肝心の信用がちょっと低い。


ここまで具体的なビジネスモデルを特に説明せずに
吉川氏の信用についてだけお話してきましたが、

それは、吉川氏の信用以外に案件の良し悪しを
判断できる材料がないからです。



吉川氏が伝えてくれる情報には

プライベートフィクサーナレッジとか
パブリックフィクサーナレッジとか

いろいろありますけど、全て吉川氏が
本当に仮想通貨の黒幕かどうかにかかっています。



この前提が崩れると吉川氏の情報の精度の全てに疑いがかかります。


現状の信用度ではオススメは出来ないということです。


2話の動画も検証しましたが、どうやって1万円を
一億円にするのかしか話していませんでした。



理論的には正しいものでしたが、
吉川氏の信用が崩れれば全部崩れる内容。


一応この案件は追っていくつもりではありますが、
たぶん評価は覆らないと思います。


以下の記事も参考にしてみて下さい。

1000万円を高額塾に突っ込んだ“特一級”ノウハウコレクターが語る高額塾の裏側

ネットビジネス初心者が最初に10万円稼ぐ具体的な方法


マイケルでした!


P.S


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)