FC2ブログ

ブラック企業辞めたいのタグ記事一覧

夢追人の映画監督。ネットビジネスで自由になった秘密を教えています。

タグ:ブラック企業辞めたい

ブラック企業の友人の人生相談にのった体験談。ブラック企業勤めほど脱サラがしにくい?


マイケルです。


先週のことですが、
大学時代の友人にインタビューする機会がありました。


新しく作るブログのコンセプト作りのためのリサーチをしていた時のこと。

ネットや雑誌で調べながら大体のイメージは固まったんですが、
最後に生の人間の思いを入れてコンセプトを完成させたいと思ったのがキッカケでした。


そこで、その時点で出来上がっていたターゲットに
一番近い状況にある友人にインタビューすることにしたんです。


僕も久しぶりだったのでインタビュー以外にも
近況報告とかしたいなと思って電話しました。


しかし、久しぶりに話は友人はブラックな職場のせいで
精神的にボロボロだったのです。



ブラック企業&全否定してくるクソ上司に嫌気が差しても辞められない


despaired-2261021_640.jpg


友人は富◯◯系列の企業の会社員です。

勤務時間を聞いたらなかなかに壮絶でした。


朝5時半に起きて出勤。

職場に7時半までについて業務開始。

勤務終了時間は最短で18:30。

帰宅したら20時~22時で何も出来ないので、
飯食って風呂入ってニュースを見て寝る。


そんな状況でも電話で夜中に呼び出されて
会社に飛んでいくこともあるそうで・・・


それだけ働いても年収は300万円未満。


それに追い打ちをかけるのが職場で
友人がやるすべての事を否定してくるクソ上司。



すべての仕事は出来て当たり前、
出来ない仕事はとことんネチネチ責めて決して褒めないしお礼も言わない。

極めつけに

「今度おまえの評価を下げてやるのが楽しみだw」

とか部下の前で言う始末。


絵に描いたようなクソ上司ですが、
実際こういう人がいるんですよ。


ホワイトな職場で働いている人にとっては

「なんで辞めないの?」

と言いたくなるレベルだと思います。


ブラック企業を続けていると精神を企業に縛られる



原因は精神をブラック企業に縛られてしまうからです。


これはうつの特徴の一つでもありますが、
どんどん視野が狭くなってしまうので、
どんなブラックな職場でも

「ここで頑張らなきゃ自分はダメなんだ」

みたいな極端な思考になってしまいがち。


実際、友人には理想もやりたいこともありましたが、
何故か今の職場にこだわっていました。

資格を取るために一生懸命頑張っていて、
基本情報技術者試験(IT系の国家資格)にようやく受かったと喜んでいました。


そして今は更に上の資格を取るための勉強を続けているとも。


別に頑張っている人を否定する気は毛頭無いんですが、
とても社畜的発想だと感じてしまいました。


資格取得、出世、勤続10年、サラリーマンの常識はお金にならない



「なんでそんなに資格勉強頑張ってるの?」

友人の答えはこうでした。

「出世するためには資格が必要だから」

「まずは10年勤めて今の自分のポジションを2段階ほど上げたい」

僕は言いました。

「それは良いと思うけど給料どれだけ上がるの?」

「ポジションが2つ上がると月収が3~4万くらい上がるかな」



僕は絶句しました。


10年頑張って月収が3~4万上がるということは、
10年間で年間収入48万円の増加ということ。



年間48万円の収入ってネットビジネスやりたての
超初心者の頃の僕でも稼いでいた金額です。


ネットビジネスなら1年で48万円以上の金額は余裕で稼げるのに、
友人が10年もブラックな勤務時間とクソ上司に耐えながら、

そんな未来を目指しているのを聞いて
本当にいたたまれない気持ちになりました。


友人の願望と行動がミスマッチ過ぎた。お金が欲しいならブラック企業は明らかに下策



そんな友人には願望がありました。

結婚したい。

実家から出て一人暮らししたい。

今の業務は自分のやりたい事じゃないから
自分のやりたい開発業務に携わりたい。

やりたいことに没頭する時間が欲しい

睡眠時間がもっと欲しい



しかし、僕が話を聞いている限り、
これらの願望は今の企業に勤めている限り叶わないと感じていました。


仮に友人のポジションが上がって上司になったところで、
責任が重くなって、さらに仕事に謀殺されることが目に見えていたからです。

「マイケル的にどう思う?」→洗いざらいぶちまけました



「今こんな人生設計してるんだけどマイケル的にどう思う?」

インタビューが終わってそう聞かれたので、
正直に感じていることを伝えました。


会社に愛着があって、

仕事にもやりがいを感じていて、

今の職場が好きならそのプランは良いと思うけど

単純にお金を稼ぐことが目的なら愚策に過ぎる。


加えて友人の願望はお金さえあれば
大体叶ってしまうとも。


10年かけてもようやく年収300万を超えられる程度。

責任も重くなってさらに社畜になっていく。

そもそも10年間も今の仕事とクソ上司に耐えられるのか。

そんな事のために貴重な20代、30代を費やすのか。

そもそも友人にとって一番大事なものが仕事ではないのに、
なぜ仕事に人生の全てを吸われているのか。



サラリーマンをやっている人にとっては
かなり身勝手な主張に聞こえるかもしれませんが、
冷静に考えてもこれは正しいはずです。



友人もここまでハッキリと言われたのは初めてだったようで、

「それなら転職すれば良いのか?」

「投資をすれば副収入が入って解決できるのか?」


などなど言ってくれましたが、

転職したところで今より状況が良くなるとは限らないし、
投資は「稼ぐ」のではなく「増やす」手段なので、
元手が少ない現状ではあまり賢い策ではないし、

知らぬ間にお金が増えているということは
知らぬ間にお金が減っているリスクもあると伝えると
友人はうなりながら考え込んでしまいました。


「副業を始めろとか、ネットビジネスやれとは言わないから、今のままでお前の願望を叶えられるかどうかだけ考えてみて」


とだけ伝えてその日はお開きになりました。


目先のリスクではなく、将来を考えると取るべき選択が見えてくる



今まで何度かお話してきたことではありますが、
ネットビジネスを始めるのって当然リスクがあります。


ノーリスクで始めようと思えば一応出来ますが、
ものすごい時間がかかりますし、
自己流に走りやすいので最悪努力が無駄になります。



でも年収200万~300万の人にとって
教材費2~3万円の出費ってデカイですし、
それでお金が稼げるかどうかわからないのは確かにリスク。


しかし、将来的なリスクと比べてみるとどうだろうか。


10年間ブラック企業に勤め続けるリスクと、
1年間ネットビジネスに取り組むリスクのどちらが大きいか。


望み次第で違う結論が出てくると思うので、
あえて結論は出しません。


ただ、僕が脱サラしたのは
10年間ブラック企業に勤めるリスクのほうが大きいと思ったからでした。

僕の望みを叶えるために、
ブラック企業に居続けるのはリスクだと思ったからでした。


以下の記事も参考にしながら考えてみて欲しいところですね。

汗水たらして必死で頑張って全力でお金を捨ててませんか?


ビジネス未経験者の「やめとけ」とかいうありがたいお言葉は無視


参考になれば幸いです。


マイケルでした!

PS.
こないだふとヤマダ電機に行ったらおもちゃが叩き売りされてました。

ちょっとリサーチしてみたら利益5000円超えの商品もあって
「うわああああああああ」ってなりながら衝動買いしてしまいました(笑)

買ったのはこんな商品。
IMG_0342.jpg

2000円でした(笑)
IMG_0343.jpg

Amazonでは7400円以上、利益5000円くらいです。
キャプチャ

他にもいろいろ買いました。
IMG_0345.jpg

買い物した時間は15分位で、トータルで
多分一万数千円くらいの利益にはなると思います。

いつもこんな事があるわけじゃないですが、
ふと出先でこういう事があるので面白いですね。


PPS

マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るための稼ぎ方、
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その4 映画監督マイケルへ


dawn-190055_640.jpg



太陽が肌を焼く8月、お盆休みでバイトのシフトが無く、
僕はヒマしていました。


親戚が集まると「フリーターだと将来が~」とか
「早く就職して結婚しなきゃ世間体が~」とか言われることは
目に見えていたので、



どうやってお盆の集まりを回避するかを
頭のなかでひたすら考えていたのを覚えていますw


そこで僕は、その時期に行われる
転売系セミナーを探して行くことにしました。



朝早く東京に出かけて、電車に揺られながら

「親戚のうるさい説教を回避できたZE★」


みたいに考えながらセミナー会場に向かいます。


会場につくともう何人かの人が来ていましたが、
みんな40代、50代ってところでしたね。


髪もボサボサ、白髪が混ざっているおっさん、おばさんだらけ。


服装もお粗末でスーツなのは自分だけ。


見るからに稼げてなさそうな雰囲気で
初心者もいそうな空気に、


「自分はこの中で一番優秀みたいだな」


みたいに思ってしまっていましたw



やがて僕の隣に一人の人がやってきました。
その人はAさんといいます。座るなり僕に挨拶をしてきて


「マイケルさん転売やってますか?」

「まぁたまにですね。月に3万くらいは売上出てますよ(ドヤァ)」

「お、売れているのは凄いですね。最近始めましたか?」

「え、に、二年目ですけど?Aさんはどのくらい利益出てますか?」


「まぁ転売なんでブレはありますけど最近売上200万を越しましたね。
純利益だと4,50万ってところですが、まぁまだまだ伸びると思います」



man-211505_640.jpg



大変なショックを受けましたw
話は続きます。


「へ、へ~・・・随分長い期間やられているんですね」

「いえ、やり始めたのは半年前くらいですよ?」

「」


ショックで何もいえませんでした。


ついさっきまでは


「ウハッw俺この中で一番優秀www」


みたいに思っていたのに、自分よりも短い期間で
遥かに高い成果を得ている人を見たからです。



それからのセミナー内容は正直覚えていませんw


その時の話がショックすぎて頭が真っ白になっていたからです。
終わった後帰り道が一緒だったのでその人に話しかけてみました。


「Aさんはなんでそんなに短期間で月商200万円なんてできたんですか?」

「最初に稼いだのは情報商材でしたけど、今は個人コンサル受けてますね」


その時僕はやっぱりと思いました。


個人コンサルを受けられるだけのお金や
コネを元々持っているような人だから
簡単に成功できたんだと。



「でも純利益20万は情報商材だけで達成しましたね。
さらに収入を伸ばしたかったんで販売者に直接コンサルをしてもらいました」



僕の思いついた言い訳は瞬時にぶっ壊されました^^;



そして話が続いていく内に結局自分の行動量が足りなかったこと、
そしてその行動の指針を示してくれる情報商材を有効に
活用しなかったことを思い知らされました。



特に僕がAさんの凄いと思ったところは


すべての責任を自分で引き受けていたことです。


それは誰にも頼らないという意味ではなくて、
誰かに頼るも頼らないも自己責任、実践するもしないも
稼げるも稼げないも自己責任だということです。


Aさんに言い訳は一切なくて、成功するための
自信に溢れていて僕は圧倒されました。




そして驚くべきはその行動量でした。
Aさんはサラリーマンでしたが、7時に帰宅してから5時間以上は
ビジネスの作業やビジネスの勉強に当てていたのです。



ショックを受けて家に帰ってから僕はブラウザのお気に入りから
全てのビジネス関連の2ちゃんねるページを削除しました。




年単位で時間を無駄にしてきた僕は恥ずかしくなりました。


奴隷のように働いていた会社を辞めて待っていたのは更なる
奴隷生活。ビジネスに失敗して失望して言い訳していたのは
自分の自業自得だったと気付いたからです。


ネットビジネス再スタート、そして夢追い人へ・・・・



401-free-peoples.png


それからAさんの紹介で転売系の情報商材を購入し再び転売に着手しました。
もう生活費以外に回せるお金がほとんどなかったので、


1万円台という仕入れ資金からの転売再スタートを切ったのです。




そして3ヶ月後・・・・・その時の実際の成果です。

直近売上



ちなみに本日の売上部分が0円になっているのは
在庫が全部売れてしまって商品がなくなったからです^^


この時の利益にして4~5万円、以前の転売と比べても
倍以上稼ぐことが出来るようになっていたんですね。




結局僕のやったことと言えば、

・教材を素直に実践すること
・行動量を増やすこと
・出来ないことがあったらなんとか出来るように頑張ること


ということでした。



よくよく考えれば一般の仕事と同じです。


出来ないからと言って仕事だと投げ出すことって
普通ありません。何とかして解決しようとするはずです。



僕はこの時初めて実感として


ネットビジネス = 自分が社長の仕事


と認識したのです。


それからは得られた資金を使いつつ、
Youtubeや他のアフィリエイトもスタートし、


月収10万、20万、40万と増やしていくことに
成功し、20万を超えた辺りで


残業代を含めたサラリーマン時代の月収を超えたのです。




そしたら僕が昔持った夢が叶えられる場所にある
ということに気付き、夢を追う資格を手に入れたのです。



マイケルがネットビジネスで稼ぐためにやったこと、変えたこと



D60_a7720.jpg



ネットビジネスで稼げるようになった後に
自由な生活を楽しむという選択肢もありましたが、


せっかくなのでお金を使ってお金で買えないものを
手に入れたいと思いました。


この辺りは個人個人の価値観によるところですけどね^^




僕が稼げるようになったステップは箇条書すると

・マインドを変える
・行動する


これだけです。


細かく言えば色々ありますが、根っことなる部分はこれだけです。
どちらが欠けても成功は遠のきます。



1万円台からスタートした転売はキツかったですし、
その後に収入を増やすためにやった様々なビジネスも
楽に稼げたとはいえません。


ただ、一度ネットでお金を稼ぐ原理と原則を理解してからは、
どのビジネスでも比較的早く成功することが出来ました。




車を運転できる人はバイクも比較的早く
運転できるようになるのと同じで、


基本的な交通ルールが分かっている人は
バイク独自の部分をそれに当てはめていくだけで
運転できるようになってしまうんですね。



同じようにビジネスの原理原則は全てにおいて
共通しているのです。



原理原則につながっている部分が違うだけなんです。


だから一度何かのビジネスで成功した人は
他のビジネスをやってもうまくいくようになるんですよね^^



僕が稼げていなかったのは、ネットビジネスを
仕事と捉えていなかったこと、そして自分で稼ぐという
意識が足りていなかったこと、



さらに当然しなければならないだけの行動を
していなかったことでした。




それを実感として持っているからこそ、


「スマホだけで月収500万円」


とかいうフレーズがウソだということが分かります。


そんな方法があれば誰も働きませんw



もしあなたがネットビジネスで成功したいのなら、

「仕事でやっている当たり前の努力をネットビジネスでもやる」


ということを決断してみて下さい。


ネットビジネスの世界は金銭的なリスクは
ほとんどありません。


仕入れ資金が必要な転売だとしても、
不良在庫を売る方法はいくつも存在するのです。


失敗して失うものと言えば数カ月の作業時間だけです。


そして仮に失敗したとしても、その経験はしっかり残り、
次のビジネスに生かされていくのです。



やっぱりネットビジネスの良いところって
無駄になるところが一つもないことだと思います^^



ただ、諦めれば無駄になってしまうので、
継続あるのみですね。



さらにネットビジネスの、特にアフィリエイトの何よりの魅力は
自分が好きなことで稼げるというところです。


誰かから仕事を押し付けられるのではなく、
自分の好きな仕事を自分で選んでできるんです。


映画が好きならそれを文章や動画で表現して、
アニメが好きならアニメ系のブログで思いっきり
アニメのことを語ればいいです。


AVが好きな人だって、アダルトアフィリエイトで
稼ぐことができます。


好きなことがお金を稼ぐことに繋がり、
それを極めていけばサラリーマン時代の収入を
軽く超えることだって出来るんです。




そうした中で、同じような“好き”を持った人達と
関わり合いになっていけますし、
夢を追うことだって出来るようになります。


自分が本当は何をやりたいのか、何になりたいのか、
それを考えてそれに向かって進むことが出来るようになります。



あなたの夢は僕の夢とは違いますし、
セミリタイアして自由な生活を送りたいという人もいれば、
引きこもってひたすらゲームやりたいという人もいるでしょう。


それも自分で決めることが出来るようになります。
夢を追うことの出来る資格を手に入れればできます。




僕は「現実を見ろ」という言葉が大っ嫌いです。
それは思考停止だからです。



よりよい未来を得る可能性を放棄して、
現状にとどまる行為だからです。


社会の常識、会社のルール、世間体はあなたに
現実を押し付けてきますが、現実の先に未来はあるんでしょうか?



僕も完璧ではないですから、夢を追う中で不安になることもあります。


それでもいろいろな人と関わる中で勇気づけられますし、
メールなどで質問に答えていると僕自身にも気付きが
沢山あって学ぶことが多いんですね。



自分が選んで多くの人と繋がりながら、
自分の好きなことを表現していくと言うのは
自分の真の成長につながります。



それこそがほんとうの自由であり、幸せだと思うんです。




世間ではネットビジネスは散々言われていますし、
あなたもネットビジネスが詐欺だと思っている人の一人かもしれません。



ただ、普通の仕事レベルで真面目にやること前提で、


ネットビジネスほど簡単に稼げる分野は存在しないと言い切れます。



初めての人でも、挫折した人でも
しっかり取り組めば成果は出ますし、


行動量と工夫次第でサラリーマンの年収の数倍以上を
稼ぎ出すことも決して夢ではないんです。


誰にでも「現実」をぶっ壊す可能性が開かれているんですね^^


長くなりましたが、ここまでプロフィールを
お読み頂きありがとうございました^^


メルマガでも色々な情報をお届けしていますので、
ぜひ読んでみて下さい^^





マイケルでした!


これまでの記事

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その1

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その2

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その3



P.S
高額塾の1/10の値段でも優良な教材はたくさんあります。
中には高額塾を超えるようなノウハウもありますよ^^


マイケルがオススメする優良情報商材
↓↓
マイケルの厳選商材早見表



ネットビジネスの疑問点、商材の疑問、質問などはこちらにどうぞ^^
どのネットビジネスが自分に合っているかなどのご相談も受け付けています。


↓↓
マイケルに質問する


また、僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)


マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その3 さらば社畜生活、ようこそ奴隷生活!




ヤフオク転売というネットビジネスをスタートした僕は
ビジネスというものについて少しづつ理解していきました。



ただ、色んな場所を探し回って利益の出る商品を見つける
転売というモデルに限界を感じていた僕は新しいビジネスを探していたところ、


そこに現れたのは「コミュニティへのお誘い」でした。
よくある高額塾のようなものです。




お金が無いという背景もあって、
ほとんどの高額塾をスルーしてきたのですが、


ある時僕のところにやってきたオファーが
非常に魅力的に見えてしまったんです。


それは


「月額1万5千円で最上流の川上の情報を得られる」


というものでした。


月額制であれば一気に30万を払う必要もなく、
分割払いでもないので辞めれば払う必要もなくなります。



どうしようか迷いましたが、“最低年収1000万は余裕で超えられる”
と言われて迷い、“絶対に僕があなた方を稼がせます。
あなた方を大富豪のステージに引き上げます”と言われ入ることを決意。




しかし、それが大きな間違いだったんです^^;


まったく役に立たない情報を流してくる”最上流コミュニティ”に引っかかったマイケル



073-free-peoples.png


僕は「稼がせてもらえる」と思ってホイホイついていったからです。
実際にそこで提供されたものはとても優良なものとは言いがたかったです。



ある時はオプトインアフィリエイト案件を紹介されました。
単価が高かったので一生懸命やりました。

(※オプトインアフィリエイトはメールアドレスを
登録することで報酬が発生するタイプのアフィリエイト)


アフィリエイトについてはこちらを参考にして下さい^^

参考:アフィリエイトとは?その仕組を解説します。



友達に声をかけて、家族に声をかけて、友人の間では「アイツなんか怪しいビジネス
紹介してくるから注意した方がいいよ」と噂され、
それでも「お金が入ってくるなら!」と我慢して頑張りましたが・・・・


払込日になっても払い込まれてきません。
しかもそれについてASPに問い合わせても返信なしです。


努力して、自分の信用に泥を塗ってまで取り組んだ
初めてのアフィリエイトは詐欺で終わったんですね。




またある時は

「上位に入れて不労所得あげますから参加して下さい」

と言われてマルチ案件に参加、



話では「スタッフ側でダウンを勝手に紐付けするから大丈夫」
という話で、入るだけで不労所得が得られるならと参加しましたが、


入った後、半年以上何の音沙汰もありませんでした^^;



コミュニティの月額費1万5千円とマルチ案件で1万5千円。
合計3万円超のお金が毎月必要になり、ヤフオク転売で毎月稼いでいた
お金は全てそのために費やされることになりました。




つまり価値のない情報を得るために毎月奴隷のように
お金を稼いでいたということになります。



そのことをコミュニティに相談したら管理人からは


「最上流の川上の情報を流しています。

稼げないのはあなたが行動しないからです。

あとこちらが流している情報はどれだけ欲しいと思っても手に入らない物です。

アルバイトをしてでも月額費用を稼ぐべきですよ。

それすらできないなら一生金持ちなんてなれませんよw」




と言われ、お金が欲しかったのと、環境が大事だとも言われてきたので
コミュニティに残ることにしてしまいました。


毎日毎日ヤフオク転売とアルバイトをして、
稼いだお金は全てコミュニティと生活費に消えていく、


気づけばコミュニティ主催者の養分をせっせと稼ぐという
社畜時代以下の状況が出来上がっていました。




今考えれば本当に馬鹿なことをしていたと思いますが、
成功したい、社畜を抜け出したいという強い望みがあると
それを利用されてしまうケースもあるということですね^^;



それから僕は原点回帰をしました。


既にヤフオクの仕入れに回せるような資金もコミュニティに
取られて無くなってしまっていたので資金0から始められるものが必要でした。


始める前から失敗したマイケルのビジネス




情報商材から稼ぎ始めた人間なので、
今回も情報商材を実践することにしたんです。



そこで最初に手に入れた情報商材が僕のところでも扱っている
エビルユーチューバーでした。

参考:丸パクリで稼いでしまう邪道ユーチューバー


現在でもかなり人気商材なんですが当時は
非常に有名で売れているノウハウでしたので


さっそく買って実践しました。
ところが始める前に躓いてしまうんです。


理由は簡単で「Googleアドセンスが取得できない」と言うものでした。


こちらでもお話しているようにYoutubeで稼ぐためには
基本的にはGoogleアドセンスを取得する必要があります。


参考:Youtubeで稼ぐ仕組み




しかし、当時のGoogleアドセンスの基準を知らなかったために
僕の初めてのYoutubeビジネスは始まる前に撃沈したのです。
(この辺りは現在は紹介しているアフィリエイターさんの
特典で補完されていますので安心して下さい^^)



実はそこで一歩進んで「無料ブログではなく有料ブログを使う」とか、
「Seesaaで独自ドメインを取る」とか、リサーチした上で
少額の資金を投入する覚悟があれば稼ぎ始められたんですが、



前述のコミュニティの養分になっていたことで
情報やサービスに対して予定以上の金額を払うことに
かなり消極的になっていたんですね^^;


独自ドメイン代の500円ですら払いたくないと思うくらいにはw



そしてYoutubeで稼ごうにも稼げないというストレスに
イライラした僕が逃げた先が、


2ちゃんねる


でした。


    ____  
   /      \
  /  ─    ─\ 
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |  
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |  
  \ /___ /  




2ちゃんねるのYoutubeスレに行くと、
同じようにアドセンスを取れない人、
取れたけど月に5000円も稼げない人で
溢れていました。


たまに30万円とか稼いでいる人がいると、
スレ住人総出で叩きに行きます。


そういうのを見て僕も


「なんだ。やっぱりYoutubeで稼ぐのなんて無理じゃないか。」
「自分はやっぱり稼げない分野に入ろうとしていたんだw」



って自分を正当化して溜飲を下げていました。


uwawatashino-thumb-815x400-4755.jpg



そのうち
「自分は行動しないんじゃない。
行動しても意味があるようなビジネスが無いだけだ!」



という、分かってもいないくせに変な自信を持ち始めたんですねw


やっても大した金額は稼げず、

稼いでもだまされて養分にされ、

やろうとしても情報が足りないばかりにうまくいかない

そんな自分を正当化する




そんなこんなでネットビジネス歴2年目の夏を迎えます。


ムシムシと暑い中、スーツを着てうつむきながら会社に行く
人間と一緒にアルバイトに出かけていく。


その時はもうネットビジネスはたまに思い出したように
転売をやるだけで、ほぼフリーターになっていました。


この時期が僕のネットビジネス暗黒時代ですw
社会的地位のあったサラリーマン時代よりも
さらにどん底に落ちていったんです。



ところが後にそんな僕をぶっ壊してくれる人が出てくるんですね^^


次回:マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その4



これまでの記事

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その1

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その2

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その2 下◯が止まらなくなった社畜マイケルとネットビジネスとの出会い




「うるさい!静かにしろ!」


YKPAKU7073_TP_V.jpg



40度の熱を出しても出勤しなければいけなくなった日に
僕が上司から言われた言葉です。


鼻水がズルズルで頭がフラフラして死にそうな時に
それでも出勤しろと上司に言われ、出てきたものの鼻をかむのが
止められませんでした。


そして「うるさい」です。



今では夢を追っていますが、毎日毎日夢も希望もなく
その日の食いぶちを稼ぐためだけに働くというのが僕の日常でした。




社畜です。




ところで、僕が映画監督になりたいという夢は大学の時に持ったものです。


でも、大抵の場合大学に入学した時点で
その進路というものは決まってしまいますよね?


僕も例に漏れず、入学した大学はIT系でしたので
映画監督になりたいと思っても難しかったんです。



大学ではプログラミングが難しくて挫折し、
就職相談では「現実を見ろ」とか「ITの営業職ならいける」と言われ、
そのまま誰でも出来るような営業職に就職しました。


やりたいことがあったからここに就職したのではなく、
「それしかなかった」だけです。




正社員ですし、ボーナスは月に二回ありますし、
成績によっては特別報酬も出ます。


僕は「がんばれば結構稼げそうだなw」みたいな
気持ちでいました。




そして僕の社畜生活が始まったのです。



朝6時起床、朝8時までに会社に行かなければいけない上に、
新入社員は早朝の掃除がその前にあります。


朝ごはんを取る時間がある日もあれば寝坊して食べれない日もあります。
そういう時は会社近くのコンビニで100円のおにぎりを食べました。


いつも塩おにぎりでしたが、セ◯ンイレブンの
おにぎり100円キャンペーンがあると
焼きたらことか食べていましたね。


急いで腹に詰め込みながら出社して
上司や先輩の机をふきんで綺麗にします。


そして朝8時には上司の朝礼があります。
社訓は入社前に覚えさせられ、毎日暗唱しました。



それが終わって朝の仕事の整理をしていると
上司に呼び出されて他の社員の前でミスを
叱られることも日常茶飯事です。



営業に出かけると高圧的な取引先が待っています。
先輩がリードしてくれましたが、明らかに無茶なスケジュールの
案件を受けようとしていて、


僕は「それでは間に合わないと思います」と意見をすると、


「誰がお前に聞いたんだよ」
「できる、できないじゃないんだよ。やるんだよ!」


と一蹴されました。



社会ってそんなもんかと思っていた僕は、先輩の方法を参考にして、
やがて少しずつですが仕事に慣れてきました。


しかし、そのタイミングで一緒に取引をやってくれていた先輩が辞めました。


158-free-peoples.png


「転職かな?」と思っていたら、どうやら鬱だったという噂です。
ふと気づけば一緒に入社した同期も何人か辞めていました。



この辺りから「何か変だ」と思い始めたんです。




そしてそれはエスカレートしていきました。



8月にボーナスが出るとのことでしたが、
会社の都合でキャンセルに。



話を聞けば「ボーナスはここ何年も出たことがないから諦めてる」
と言われ、どんどん疑念が膨らんできます。


そしてボーナスが出なかったことを期に、会社の各部署から
かなりの同期が辞めたか転職していきました。



僕は転職するようなスキルもなかったので残りましたが、
人手不足で祝日がないのは当たり前、土日も仕事が入るようになり、
毎日会社に行って朝早くから夜遅くまで働かなければならない状況が続きます。



職場の雰囲気が悪くなり、怒鳴り声も頻繁に聞こえてきました。


まだ入社一年目ですので、わからないことも多く
上司や先輩に聞いたら「そのくらい自分で調べろ!」と言われ、


自分で調べていたら「早くしろ!」と怒鳴られて
提出したらミスだらけで「お前は“ホウレンソウ”もできないのか!」
と八方塞がりで怒鳴られるしかない状況でした。



お給料も平均程度で、それ以外は「怒られるために会社に行く」
ようなものです。



簡易プロフェールでも書きましたが、


お給料=我慢料


だったんです。



僕はその時「父親はこれに我慢して僕を育ててくれたんだから僕も頑張らなきゃ」
みたいな気持ちで会社に残っていました。



ただ身体は耐えられなかったようです。


その年が終わるくらいにギリギリと内臓が痛むようになりました。


内臓の異常はすぐに便通に現れて、下品な話で恐縮ですが、
慢性的な下痢になってしまったんです。



食べ物を食べても消化されず、トイレに頻繁にいかなければならなくなりました。



上司や同僚からは「お前トイレに行ってサボってんじゃないだろうな?」と
疑念を向けられ、僕は「(誰のせいでこうなってんだよ!」と思いつつも
口には出しませんでしたけど^^;



そしてそんな僕を見かねたのか上司が社内で
一番営業成績が優秀な先輩を僕に割り当てました。


この会社の“優秀な先輩”と聞いて嫌な予感しかしませんでした。
そして予想通り、そこからが更なる地獄の始まりだったのです^^;



ブラック企業の”優秀な先輩”に指導してもらって3キロやせました!




anger-1300528_640.png


僕が下痢でトイレが近くなっていたので、
外回り中も頻繁にトイレにいかなければいけませんでした。


ただそうなると当然仕事に遅れが出るわけで、夜12時になっても終わらず、
一人で会社に泊まって仕事を終わらせたこともあります。


先輩は「お前のせいで俺まで残業したくない。
死んでも明日までに終わらせろ」と言い残して
自分の仕事も押し付けてとっとと帰っていました^^;



そうしたストレスを抱えたまま過ごしていたら
3日間で体重が3キロ落ちました。




そんな日が続いた後、上司からの一言が決め手になります。


「お前生産性無いんだから、残業する前にタイムカード切れよ?」


それまでは残業代が少額ながら出ていたので努力は給料に反映されていました。


ですが、これからはサービス残業になり、
働いても意味がなくなってしまうことになります。



僕は思いました。



なぜ命を削って無償で尊敬もできない
人達のために頑張っているのか?



この仕事を続けていても将来はあるのか?


自分のやりたいことってなんだったんだろうか?
自分の人生ってなんなんだろうか?




今まで盲目的に従っていた会社生活に明確な
疑問を抱いたときで、


このあたりで僕は「もう限界だ」と思い、
会社を辞める決意をしたのです。


何をするかは決まっていませんでしたが、
とにかくこの環境から一刻も早く逃げ出したい、
その一心でした。


当時は何をしたら良いのかわからないような
そんな状態でしたが、後のことは考えませんでした。



1年ちょっと勤務した後、僕は辞表を提出しました。



実家に戻ってからと言うもの、何をするかわからない状態でしたが
アルバイトをしても未来がないことを理解していたので、


何か割のいい仕事は無いかネットをあさる日々。


やがて目に飛び込んできたのは「メール一通で100万円稼ぎました!」
という内容のセールスレターでした。


マイケルの初めてのネットビジネス




怪しいな~と思いつつ、調べていくと
ネットでお金を稼げるということに気付いて
いろいろな案件を調べ始めたんですね。



Youtube、転売、ブログアフィリ、情報商材アフィリ、PPCアフィリ、
投資、FX・・・・・


その中に高額塾も多数存在しましたが、高額塾に30万円も
払いたくなかったので選択肢に入れませんでした。


そこで僕が目をつけたのは「情報商材」です。


情報商材はいわば電子書籍です。


それも何らかの有益な情報を書籍にして
販売しているそういう商品です。


価格も比較的安いもので一万円以下、高くても3~5万円以内になっています。


高額塾に入るお金のなかった僕は遥かに安価でノウハウも
しっかりしてそうな情報商材を実践することにしました。


僕の周りにはネットビジネスで稼いでいる人はいなかったので、
「2~3万ならいいか」という気持ちでしたけどね^^;




いろいろなものがありましたが。結果が出やすいということで
ヤフオクで転売をやることになります。


仕入れ資金は貯金とバイトを併用してやっていましたが、
不用品と合わせて3万程度稼ぎ出すことに成功したんです。



この時は嬉しくて、嬉しくて飛び上がりそうでした^^

092-free-peoples.png


手応えを感じてこのまま続けていけばちゃんと
お金が入ってくると実感できたからです。


その後も継続して転売で1~2万くらい稼ぐことが出来るようになりました。


これが僕が情報商材を実践して初めて稼いだ経験です^^



ただ僕はこのヤフオク転売で稼いだお金を全て失うことになります。
それどころか社畜時代以下の生活に落とされることになるのです。




次回:マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その3




前の記事はこちらになります。

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その1

マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その1



疲れ果てて帰ってきてベッドに倒れるようにして眠り、
朝目が覚めれば熱めのシャワーを浴びて目を冷まし、


出勤


会社近くのコンビニで100円の塩おにぎりを購入して
腹に詰め込みながら、職場への階段を登る。


毎日は上司の朝礼から始まる。社訓を全員で暗唱して机に座り、
疲れが抜け切らない体と書類に向かってため息一つ。


さぁ本日の仕事の始まり始まり・・・・・


AL301_nekutai0120140830125714_TP_V.jpg



少し僕の成功までの生活の状況をつづってみようかと思います。


今でこそ自由な生活を楽しみながら夢を追っていますが、
夢も希望もない生活を送っていたこともありました。


僕自身はまだ20代で、若いからとか能力があるから成功したとか
言われますが、全くそんなことはありません。



高校、大学、社会人と人生のかなりの期間を通して
僕はいわゆる“持っていない人間”だったからです。


金なし、コネなし、知識なし、経験なし、そして自分に自信なし。
なしなしなしの無い物づくしでした。




そんな僕が、今では同期の中で一番の収入を得ていますし、
一番働いている時間は短いですw
(大抵のサラリーマンに当てはめても同じだと思います)



しかも僕だけが「これが現実」「あの頃は若かったなw」とかグチる同期を尻目に
アメリカに行って映画監督になりたいという夢を追っています。




また、学生時代優秀で外資系に就職して、
それなりに収入がある同期はお金は持っていても
お金を使う時間は全然ありませんでした。


彼の口癖は「子供のためにお金を取っておかなきゃな」でした。


僕はその行為自体を否定するつもりはありませんし、
大事なことではあるのですが、自分という存在が
消滅している点については決して共感できません。


だって自分の夢を追いながら家族を養ったって良いじゃないですか。




しかし今の世の中、夢を追うためにはある“資格”が必要です。


夢を追うのに資格が必要というのも変な話ですが、
実際今の世の中、社会、“現実”はその資格を求めてきます。



会社に努めながら望むものを手に入れる“資格”を得るのは
決して簡単なことではありませんが、


ですが会社を辞めたい、自由になりたい、子供の頃の夢を追い求めたい、
どのような夢であれネットビジネスを通してその資格は手に入れられます。



僕も失敗や挫折、苦悩、様々ありましたが
今ではその資格を手に入れました。



それまでのストーリーを書いていこうと思います。


少し長くなりますが、お付き合いいただければと思います。


次回:マイケルが脱社畜して映画監督になるまでのストーリー その2


Copyright © 社畜を辞めた映画監督の副業ネットビジネス・レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます