マイケルです!



今日はネットビジネスでのパソコンの選び方について
書いていこうと思います。


パソコン一台で稼げるネットビジネスと言われますが、言い換えれば、
パソコンの性能が自分の作業スピードの限界を決めることになります。



もうパソコンを持っている人はいいんですが、
ビジネスのために新しくしたいという人は読んでみて下さい^^



パソコンの性能はピンキリですし、お安い買い物でもないので
不必要な出費は避けたいところですよね。


僕は普段はデスクトップパソコンで作業していますが、
高度な映像編集や3DCGを作ったりもしているので、


40万くらいで自作したパソコンを使っています。
モニターは23インチの物を3つつけていますね。



ですが、ほとんどの人にとって、僕のようなパソコンは不要だと思います。
僕自身もこうして記事を書いている分にはオーバースペックですので^^;



パソコン選びの基礎



僕はPCの自作をする都合上、性能や安定性など
色んな部分を加味していますが普通にネットビジネスで
使う分にはそこまでの知識はいりませんw


ですが、知っておくとお金をかけるべき部分が
見えてくるものもありますので、簡単にお話していきますね。


こだわりだせばあらゆる要素が大事になってくるんですが、
とりあえず4つ大事な要素を出していこうと思います。


1. CPU

2. ハードディスク

3. メモリ

4. グラフィックカード(ビデオカード)



それぞれのパーツについて、
机の上で作業する人を思い浮かべて下さい。



CPUについて

タイトル


iimasu (2)


最初にCPUですが、日本語では“中央演算処理装置“といいます。
(面倒なんで日本語は覚えなくっていいですw)


これはいわゆる、「作業する人」に当たる部分です。


このCPUの性能が高ければ高いほど、優秀になるので
あなたのやりたいと思っている作業がそれだけ早く終わることになります。


ですが、もしアフィリエイトをやりたいと思っているのであれば、
基本はブログを立ち上げて文章を書いていくことになります。


あなたのタイピングが世界レベルに速いのであれば話は別ですが、
普通の人は並の性能で十分です。



CPUの名称に「Core i ~」がつくものであれば十分やっていけます。


ハードディスクについて



ハードディスクはいわば「本棚」です。


Windowsなどは基本的にこのハードディスクに入っています。
起動する度に本棚からWindowsを引っ張り出してきて机に広げるイメージです。


ハードディスクには現在大きく分けて2種類存在しています。

iimasu (1)

HDDと、SSDです。


僕がオススメするのは断然SSDです。


SSDにするとパソコンの立ち上がりやソフトの起動が
圧倒的に速いからですね。


その早さはネットビジネスの作業スピードを確実に上げます。
ちょっと高めになる場合もありますが、最近は値段も下がってきましたし、
出費する箇所としてはかなりオススメです。



メモリについて



iimasu (4)

メモリは「机の広さ」にあたります。


このメモリが大きければ大きいほど机が広くて
いろんなものを一度に扱えるということです。


物販アフィリエイトなどをやられる方は
あまり気にしなくて良いのですが、


Youtubeなどの動画系をやられる方は
最低でも「8ギガ」くらいは確保した方がいいです。



理由はこのメモリが動画ソフトの安定や、快適な動作、
動画の最終的な書き出し時間にかなり影響してくるからです。



「5分で1動画作れるけど、書き出しに30分かかる・・・・」


では、作業時間は35分ですよね?


一方で書き出しが10分で終われば作業時間は15分なわけです。
半分未満になりましたね。


Youtubeで稼ぐ場合はアップする動画の量もかなりのものになってきますから、
この速度の差は稼ぎにモロに直結する部分なので意識してほしいですね^^



グラフィックカードについて



e0047_800x600.jpg

若干パソコンの知識をかじったことのある人でないと
こちらのパーツは知らないかもしれません。


例えるのであれば「助手」です。


映像の表示などに特化しているもので、
メインの作業をするCPUをサポートします。


映像制作では僕は特にこのグラフィックカードを重視していますが、
無ければ無いでそんなに問題はありません。


記事で稼ぐタイプのアフィリエイトをやられる方には必要ありませんし、
Youtube系でも文字動画などの単純なものであれば
これが必要になるほどではありませんね。



「動画系で更に上のレベルを目指して収益を倍増させる!」

「モニター増やして作業スペースを確保したい!」


そんな人達が考慮すべき部分になります。




パソコンの周辺機器について



けっこう軽視されがちな周辺機器ですが、
直接手に触れて入力する部分になりますので
作業スピードにはかなり密接に関わってきます。


マウスについて



マウスですが、左横にこんな感じの
ボタンがついているものを使うといいです。

iimasu (1)


横についているのは、インターネットのページなどで

“進む” “戻る”

をいちいちページのボタンを押さなくっても出来るようにするものです。


あると作業スピードが俄然早くなります。
かなり普及していますけど、まだこのボタンがないマウスがチラホラありますね。


このボタンがないマウスはこういうものです。

iimasu (4)



会社のオフィスとかではこういうのがよく使われますが、
あなたが記事でアフィリエイトをやる場合でも、Youtubeをやる場合でも
あるいはせどり、転売をやられる場合でも


こういったマウスはあなたの作業スピードを半分くらいまで
減らしてしまうので使わないようにして下さい^^;


サイズに関しては手に馴染む
使いやすいサイズを選んでくれればOKです^^


キーボードについて



これに関してはお好みで使ってもらえればいいんですが、
僕はある程度叩いた時の弾力がある方が好きなので、
こちらを使っています。


iimasu (5)
https://www.amazon.co.jp/FILCO-Excellio-%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E5%BC%8F%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%89-FKBE109-JW2/dp/B00NF8NBLO/ref=sr_1_1?s=computers&ie=UTF8&qid=1507636220&sr=1-1&keywords=FILCO%E3%80%80Excellio+lite

※クリックで拡大します。


電卓のテンキーに関しては、あなたがせどり、転売をやられる方であれば
あったほうがいいです。



売上や利益などの計算をするときにすごく便利になるからですね。


後は個人的にあると安心します^^


モニターについて



こちらも使いやすいものはありますが、
メインではこういった形のモニターは使わないほうがいいです。


iimasu (3)



幅広く画面を使うことが出来ないので、見づらくなります。


オススメとしてはこんな形のモニターです。

iimasu (2)


今ではほとんどこちらの形が主流になりました。


この形であれば、幅広く画面を使うことが出来るので、
左側にウェブページで参考記事を、右側に自分の記事を配置したりして、
作業効率をあげることができます。


Youtubeもそうですが、特にアフィリエイトをやられる方は
このタイプのモニターを使うことをオススメします。



ネットビジネスにおけるパソコンの選び方講座 まとめ



すごく基本的な部分からお話しましたので、
ある程度分かっている方からすれば退屈だったかもしれません。


ですが、もう一度言わせていただくと、使うパソコンによって
あなたの作業スピードの上限が決まります。



「せっかく実力がついてきたのに、稼ぎ出そうと心は燃えているのに、
パソコンがポンコツ過ぎて作業が遅々として進まない」



なんてのは非常にもったい無いです。


「じゃあ俺は30万かけて最高のスペックのパソコンを買うぞ!」


というのもちょっと違いますね。


要はあなたが稼ぎたいと思っている分野で必要な作業に
必要なだけの性能があればいいわけです。



なので、電気屋さんであれこれ悩んで不要な性能を
付けてしまうことがないように、


また、必要なものが足りなかったために
作業が辛すぎて挫折するなんてことが起きてほしくないので、
今回の記事を書いてみました。



参考になれば幸いです。

「どんなパソコンが良いのかわからない!」という方は
遠慮なくお問い合わせ下さい^^


↓↓
マイケルに質問する



以下の記事も参考にしてみて下さい。

ネットビジネス初心者が最初に10万円稼ぐ具体的な方法


ネットビジネスで10万円稼ぐには?



マイケルでした!

P.S




僕の方でも特典としてネットで稼げる方法を
PDFのファイルにしてプレゼントしています。


こちらもごらんください^^


自由な人生を送るために稼ぎ続けている
マイケルのノウハウを無料公開!!



↓↓


コンポ 3 (0;00;00;00)